「会社に乗り込んで騒いだら?」

格安旅行会社てるみくらぶ倒産のニュースで、最近は旅行代理店という言葉をあまり使わないのだと知った。旅行会社とか旅行業者と言うんですね。でも旅行代理店よりダイレクトな表現で分かりやすいかも。

さて、てるみくらぶは先月3月24日、ツアーが急に中止になるなどトラブルが公になり、27日に自己破産を申請、倒産。これが1か月ずれ込んでGW直前の今ごろに起きていたら、被害はさらに増えていたかも。

いずれにしろ、旅行は中止、お金は戻ってこない、旅行前の期待感も踏みにじられと、被害者は二重三重にショックを受けることは変わりないでしょうが。

泣き寝入りは嫌だ

実は私も10年ほど前、同じような被害に遭いかけたことがある。

新聞の広告で格安の日帰りバスツアーを見つけて、友人と2人分のお金を振り込んだ(確か1万前後)。初めて聞く旅行代理店だったが、大手の新聞に掲載されているんだからと何の心配もしなかった。

しかし数日後、ツアーが中止になったとの連絡。代金を返却するというので、こちらの銀行口座を伝えたが、教えられた日になっても振込がない。何か事情があるかもと忖度して(笑)、数日後電話すると、何日までに支払いますとの返事。しかしその日になっても振り込まれない。また電話して、を2回くらい繰り返したあと、鈍い私も、ようやくこれはおかしいと気付いたわけです。

どこに苦情を言えばいいのか。

そうだ、広告を載せていた新聞社。新聞に載っていたから信頼して申し込んだんだから。

しかし電話で事情を話したが、こちらでは責任を取りかねるとのこと。新聞とか雑誌って広告を載せる会社の審査ってしないんでしょうか。それとも自社の名前(ブランド)を悪用されて、むしろ被害者だというスタンスなんだろうか。何か釈然としない気分。

次は消費生活センターへ電話。こんな少額なことを相談していいんだろうかとちょっと気が引けたが、50代とおぼしき女性アドバイザーは丁寧に話を聞いてくれた。

その会社に前歴はないかと聞くと、調べてくれ、これまでこういうトラブルを起こしたことはない(相談、報告が上がってきたことはない)とのこと。また、こういうケースではお金を返してもらえないことが多いという。

泣き寝入り? そんなの嫌だ。とはいえ、法的手段を取るほどのことでもない(お金がかかるし)。

「どうすればいいんでしょう」

すると、受話器から聞こえて来た言葉は、

「その旅行代理店に乗り込んで、『金返せ』って大声で騒いだら?」

思わず吹き出してしまった。本気ですか?  しかしアドバイザーは大真面目だった。

「騒がれたら向こうは困るから、お金を戻してくれるはず」

大声でわめいた

私はといえば、無論、実行しましたとも。

アドバイス通り、名古屋駅近くの雑居ビルに入っているその旅行代理店へ。隣に別の会社が入っているのを確認し、意を決して店内へ入ると、受付に出てきた若い女性にこれまでのいきさつをまくしたてた。

すると、奥から何事かと社長が出てきた。30代前半と若い。優しそうな顔をしていたが、スーツの中で体が泳いでいるような、やせて貧弱な印象の男だった。

「何度電話しても、旅行代金を返してもらえないので、わざわざ来ました! 返してください!」

同じフロアの会社に聞こえるように大声でわめいた。心臓が緊張のあまりバクバクしていたが、気取られてはならじと腹の底から声を出す。

「わ、分かりました、騒がないでください、今、お返しします」

お金はすんなり戻ってきた。

あー怖かった。

そのときも怖かったが、あとから考えると、別の意味で怖くなった。

その旅行代理店が暴力団に関係していたらどうするつもりだったのか。こっちの住所氏名はさらしているわけで、報復とか嫌がらせとかされる危険性はなかったのか・・・。

私が怒鳴っているとき、社長はうろたえた表情をしていた。資金繰りがうまくいかず、客へ返金したいと思っていてもできなかったのかもしれない。

テレビに映ったてるみくらぶの女社長に、やせた社長の顔が重なって仕方なかった。

2017年4月21日(金曜)

〇体重 49.1 〇BMI 18.6 〇体脂肪率 25.7

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

揚げ焼きそば(タマネギ、人参、ピーマン、シメジ、ブナピー、キャベツ、カニかまぼこ)、スープ(ワカメ、キャベツの芯、ブロッコリーの芯)、サラダ(アボカド、アスパラガス、金時豆。岩塩、黒コショウ、オリーブオイル、バルサミコ酢)

■お八つ

ドーナツ

■夕飯

カレー炒飯(ご飯100グラム、タマネギ、人参、ブナピー、シイタケ、魚肉ソーセージ)、アサリの味噌汁(ネギ)、豆腐(オクラ、梅干し)

※カレー炒飯、茶色過ぎて、何入ってるか分かりませんね。

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

コメント

  1. tonton より:

    クロエさん、強いです!!!
    肺がんの治療が決まるまでの医師たちとの攻防(笑)にも本当に感心しましたが、言うべきことをきっちり言うって大事ですよね!
    でも同時に難しいと思うことも多いです。
    私だったらどうだろう?
    私も医者を怒らせやすいからついてくるな!とまで言われたので、自分で思ってるほど大人しくないのかもしれませんが…。
    そういえば学生の頃、バイト代踏み倒された時には最後まで戦いましたっけ。
    お金の問題というより、自分が納得できるか否かがポイントですかね、やはり。
    でもその消費生活センターの女性はいい人ですね。
    男性だとそういう時に当たり障りないこと言って済まされそう(男への偏見?)

    PS サイトへのリンク、もう結構ですョ。ありがとうございました。

    • クロエサト より:

      >肺がんの治療が決まるまでの医師たちとの攻防(笑)にも本当に感心しましたが、
      いつもあとから自分の無謀さ、無鉄砲さに青くなっています。何でいつまでたったも丸くなれないんでしょう。

      >私も医者を怒らせやすいからついてくるな!とまで言われたので、自分で思ってるほど大人しくないのかもしれませんが…。
      tontonさんの冒険譚(?)にも十分驚かされました。言うべきことはやっぱり言わないと、ですよね。

      >お金の問題というより、自分が納得できるか否かがポイントですかね、やはり。
      両方大事ですよね(笑)。

      >でもその消費生活センターの女性はいい人ですね。
      そういう考え方もあるんですね。考えもしなかったけど、確かにそうですね。男性のアドバイザーから言われていたら、何を無責任なと腹を立てていたかも。

      >サイトへのリンク
      多分、名前にリンクを張れると思うのですが、やり方が分からなくてすいません。今度調べて試してみますね(ホントに自分でうんざりするくらい機械オンチ(ITオンチ?)で嫌になります)。