鍋料理と温奴

今日は秋にしては全国的に寒かったようで、名古屋の最高気温も16.6度。温かいものが食べたくて、お昼に味噌キムチ鍋を作りました。

「鍋(料理)」といっても、器はボウル(中鉢)。片手鍋で作ったものをボウルに移しています。

しかしパッと見、具沢山の味噌汁のようで、これを果たして「鍋」といっていいものか。

そもそも「鍋」と普通の汁ものの境はどこにあるのか。

もしかして、土鍋でサーブされたものが「鍋」?

家には直径30センチほどもある家族向けの大きな土鍋があるが、これで一人で寄せ鍋をするのは馬鹿げている。かといって、これ以上鍋や食器を増やしたくないので、一人用の小さな土鍋を買うつもりもない。

ということで秋も深まっていくこれからの季節、ボウル入りの「鍋」がちょくちょく食卓に上がると思います。

温奴

夕食の豆腐はレンジで温めています。これは湯豆腐? レンジ豆腐?

何と呼べばいいかとネットで調べたら、「温奴(おんやっこ)」というそう。冷や奴のあったかバージョン。初めて知りました。

2017年10月16日(月曜)

〇体重 49.0 〇BMI 18.6 〇体脂肪率 26.7

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ご飯(雑穀入り100グラム)、味噌キムチ鍋(シメジ、ゴボウ、大根菜、豆腐、イカ)、炒め物(玉ネギ、ブロッコリー、魚肉ソーセージ、卵)、梅干し、海苔

■お八つ

飴、コーヒー

■夕飯

お好み焼き(小麦粉、山芋、ニラ、マイタケ、アサリ、天かす。ソース、醤油、一味酢)、温奴(甘味噌、ネギ)、柿(ローズレタス)

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする