お好み焼きとたくあん

お好み焼きのタネは、いつものように4枚分まとめて作りました。一昨日、生地に具材を混ぜ入れ、大体4分の1ずつ焼いて、今日で3食目。あと1回分冷蔵庫にスタンバイしていると思うと、気分的に楽です。

ただ具材がマンネリ化しているので、何か新しい食材にチャレンジしたいところ。

そういえば子供の頃、関西出身の伯母が焼いてくれたお好み焼きには、刻んだたくあんが入っていた。コリコリした食感と甘味がいいアクセントになっていて、不思議なおいしさがあった。

このたくあん入りお好み焼き、ネットを見ると浜松(遠州焼きと呼ぶそうだ)や関西(大阪、京都、神戸)、それに熊本でも食べられているようだ。

何十年ぶりかで試してみようか。しかし私はたくあん自体、もう何年も買っていない。というか、そもそも漬け物を食べていない。白飯の量を制限しているので、塩分の強いものは辛くて食べられないのです。

2018年4月27日(金曜)

〇体重 50.3 〇BMI 19.0 〇体脂肪率 27.5

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

2種類の味で食べるお好み焼き(小麦粉、山芋、卵、削り節、シメジ、ニラ、ホタテ、天かす。醤油と酢、ソースとマヨネーズ)、味噌汁(ワカメ、カボチャ、ナス、油揚げ)、サラダ(サニーレタス、大根、小豆、パプリカ、オリーブ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)

■お八つ

コーヒー、クラッカー

■夕飯

炒飯(雑穀入りご飯100グラム。サニーレタス、イカ、卵)、エビワンタンスープ(シイタケ、小松案)、冷や奴(甘味噌、ネギ)、キュウリとカニカマの甘酢和え

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする