岸井成格さん、肺腺がんで死去

昨日(15日)、毎日新聞の元政治部記者で「NEWS23」(TBSテレビ)のキャスターだった岸井成格さんが73歳で亡くなった。

ラジオのニュースの「肺腺がんのため自宅で亡くなった」という言葉に、肺腺がんサバイバーとしては思わず聞き耳を立ててしまいました。

ステージは? どんな治療をしたの? どうして病院じゃなくて自宅?

病期が進んでもう治療できないといわれて自宅に戻ったのか。

標準治療を見限って、自宅で代替療法を受けていたのか。

ネットを見ると、2007年に大腸がん(4期のS字結腸がん)と診断され、抗がん剤と放射線で治療を受けたそうだ(のちに手術をしたとの記述も)。

とすると、大腸がんからは生還できたが、その後新たにできた原発巣の肺腺がんが死因になったということか。

経過はおいおい明かされていくかもしれないけど、有賀さつきのときは死因など結局よく分からずじまいだったので、そういう可能性があるかもしれません。

筑紫哲也との共通点

岸井氏については、写真を見て、「こういう人いたなー」くらいで全然認識していなかったが、執筆活動もしていたのだろうか。それなら、がんについて何か記録していて、いずれ発表されるかも。

そういえば10年前(2008年)に小細胞肺がんで亡くなった筑紫哲也も、新聞記者出身で「NEWS23」のメインキャスターだった。享年が同じ73歳。何か因縁を感じます。

2018年5月15日(火曜)

〇体重 50.4 〇BMI 19.1 〇体脂肪率 27.5

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

とんこつ醤油ラーメン(メンマ、ネギ、かまぼこ)、シイタケとチクワのアヒージョ(ニンニクオイル)、金時豆とちりめん、ほうれん草のおひたし(削り節)

※初めて買ったかまぼこ。包みを開けて「しまった」と後悔。こんな毒々しい色だったなんて。昔の駄菓子を思い出します。

※ちりめんに塩味が付いているので、金時豆には味付けしていません。

■お八つ

コーヒー、飴。カンパーニュのチーズトースト、ポタージュスープ(インスタント)

■夕飯

卵かけご飯(雑穀入りご飯100グラム)、くず豆腐(豆腐半丁、ネギ、マイタケ)、根菜の煮物(ゴボウ、人参、タケノコ、コンニャク、チクワ、昆布)、キュウリとカニカマの甘酢がけ

2018年5月16日(水曜)

〇体重 50.8 〇BMI 19.2 〇体脂肪率 27.4

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

焼きうどん(玉ネギ、キャベツ、チクワ、イカ)、味噌汁(ワカメ、マイタケ、オクラ、油揚げ)、キュウリとパプリカの甘酢和え

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

雑穀入りご飯(100グラム)、ニラ玉の吸い物、天ぷら(カボチャ、シイタケ、ナス、ピーマン。レタス)、根菜の煮物(ゴボウ、人参、タケノコ、コンニャク、チクワ、昆布)、梅干し、海苔

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 放射線治療へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする