いつか最高気温50度に

名古屋の最高気温40.3度

私は夏生まれなので暑さにはずっと強いと思っていた、50年以上。しかしこの認識は間違っておりました。

昨日の名古屋の最高気温は40.3度。1890(明治23)年の観測開始以降、最も高かったそうだ。

数日前、午前中なら暑さもそれほどひどくないはずと出かけたところ、午後から体調が悪化。自分を過信し、暑さを甘く見ていた。

この高温はホメオスタシス(恒常性)に異常を来す、常軌を逸した暑さです。

以前、温暖化で地球の平均気温が上がったなら、人間はその暑さに対応できるように身体が進化すればいい、環境に即してホメオスタシスも徐々に変化したらいいと思っていた。

正気の沙汰じゃない

思えば子どもの頃は30度を超せば十分暑かった。気温が体温より高くなるなんて正気の沙汰と思えなかった。それが今や35度超えは日常茶飯事。

それなのに名古屋では今週、世界からコスプレ愛好家が集まって世界コスプレサミットが開かれている。野外でのイベントもある。

8月最初の土日は毎年、近所の公園で盆踊り大会が開かれる。今年は今日明日。さっきまで「炭坑節」が聞こえていたが、夜でも気温は30度を超えている。

夜のニュースで、ポルトガルやスペインでは最高気温45度を記録したと言っていた。なのに炎天下、外国人が観光していた。

どれもこれも、暑さに弱くなった私にとっては、正気の沙汰とは思えない。

さらに暑さが進んだら

数年のうちには、日本でも当たり前のように最高気温が45度、さらに50度を超すかもしれない。そのとき生き残れるのは暑さに順応できる強さを身に付けた(ホメオスタシスが進化した)人類だけかもしれない。

そんなSFめいた新世界をこの目で見ることは、きっと年齢的に難しい。そう思うと、ちょっとさみしい気もします。

※8月3日、ポルトガル中部のアブランテシュで45.2度、スペイン南西部のエル・グラナドで46.4度の最高気温を記録したそうです。

2018年8月3日(金曜)

〇体重 50.5 〇BMI 19.1 〇体脂肪率 26.8

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ざるそば(乾麺80グラム。海苔、ネギ)、キノコとチリメンのアヒージョ(シイタケ、マイタケ、ヒラタケ。ニンニクオイル)、甘酢和え(大根、小豆、オクラ、赤オクラ)

■お八つ

コーヒー、紅茶、飴

■夕飯

炊き込みご飯(シイタケ、マイタケ、シメジ)、ニラと卵の吸い物、チダイのソテー(ピーマン)、根菜の煮物(ゴボウ、人参、タケノコ、コンニャク、練り物、昆布)、キムチ納豆(ネギ)

2018年8月4日(土曜)

〇体重 50.5 〇BMI 19.1 〇体脂肪率 26.7

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ペンネ(乾麺80グラム)、カルボナーラソース(ニンニクオイル)、サラダ(ルッコラ、タマネギ、人参、ブロッコリー、小豆、トマト、パプリカ、チリメン、オリーブ。岩塩、ブラックペッパー、オリーブオイル、バルサミコビネガー)

■お八つ

コーヒー、飴、アイスクリーム(バニラ)

■夕飯

炊き込みご飯(シイタケ、マイタケ、シメジ)、味噌汁(ワカメ、ナス、空心菜)、根菜の煮物(ゴボウ、人参、タケノコ、コンニャク、練り物、昆布)、おろし納豆(ネギ)、高野豆腐(オクラ、赤オクラ)

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 放射線治療へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする