名古屋ボストン美術館閉館

今日10月8日、名古屋ボストン美術館が閉館しました。

1999年に開館してから数えるほどしか行っていませんが、一番印象に残っているのは開館10周年記念の「ゴーギャン展」(2009年4〜6月)。

10年前のゴーギャン展

チラシや図録(右)の表紙にも使われたゴーギャンの代表作「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」。本物は圧倒的な迫力で、私に(きっと見た人全てに)いろいろなことを語りかけ、問いかけてきた。

でも、会場の年表でゴーギャンがタヒチで14歳の少女を妻にして子どもを設けていたという話を読んで、思わず眉をひそめてしまった。それも渡航のたびに新しい現地妻をめとっていたそうで、100年以上前の出来事を今の尺度ではかるのは間違いだと分かっていても、後じさってしまう。

今だったらロリータ野郎、異常性癖と断罪されるはず。などと糾弾しつつ、作品の魅力が色褪せることはない。芸術と人格は別物なんですね。

手前のポストカードは先月出かけた最終展「ハピネス」(2018年7〜10月)でもらってきたもの(ジム・ダイン「ダイナマイト」)。ラストが明るいイメージで良かった。

美術館自体は31階建てのビルの3〜5階にあったけど(上階は市の施設やホテル)、わくわくするような仕掛けがなくて、面白みのないハコだった(美術館入口へのアプローチが全然ときめかなかった)。

器じゃなくて、素晴らしかった展示品のことを記憶に留めておきたいと思います。

2018年10月7日(日曜)

〇体重 50.7 〇BMI 19.2 〇体脂肪率 28.5

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

塩ラーメン(ネギ、メンマ、カマボコ、ゆで卵)、ブナピーとちりめんのアヒージョ(ガーリックオイル)、高野豆腐とブロッコリー、ゴボウと人参のきんぴら(白ごま)

■お八つ

コーヒー、飴。グレープフルーツジュース

■夕飯

雑穀入りご飯(100グラム)、味噌汁(ワカメ、カボチャ、ブナピー、豆腐)、揚げ物(かき揚げ(タマネギ、人参、カニカマ)、ピーマンの天ぷら、揚げエビ餃子)、サラダ(大根、柿、オクラ)、梅干し、海苔

2018年10月8日(月曜)

〇体重 51.3 〇BMI 19.4 〇体脂肪率 28.7

※今年一番の体重と体脂肪率です(体重は4/22とタイ)。昨夜の揚げ物が効いているのか・・・。

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

うどん(乾麺80グラム。干しシイタケ、ワカメ、カマボコ、ネギ)、焼きもの(カボチャ、人参、キャベツ、オクラ、厚揚げ。甘味噌)、サラダ(ブロッコリー、パプリカ。甘酢)

■お八つ

コーヒー、飴。コーンフレーク+豆乳

■夕飯

雑穀入りご飯(100グラム)、味噌汁(カボチャ、ブナピー、オクラ、卵)、塩ザケ、キムチ納豆(ネギ)、サツマイモのグレープフルーツジュース煮、ゴボウと人参のきんぴら(白ごま)、海苔

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 放射線治療へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする