掃除の原動力

こんまりがアメリカで活躍

片付けコンサルタントの近藤麻理恵(こんまり)がアメリカで有名人になっているそうです。4年前、結婚と同時にアメリカに渡り、英訳された『人生がときめく片付けの魔法』はベストセラーになったと聞いたが、最近はアメリカのネット番組で一般家庭の片付け指南をして評判を呼んでいるらしい。

昨日(23日)、ニューズウィーク日本版に記事が載りました。→「「こんまり」人気の深層──片づけは不眠や不安や肥満さえ癒す

片付け本

片付け本は何冊か読んだけど同じような内容が多く、現在、手元にあるのはカレン・キングストンの『ガラクタ捨てれば自分が見える』(小学館文庫)と、大原照子の『少ないモノでゆたかに暮らす』(幻冬舎文庫)くらい。

片付けに悩んでいる人が片付け本ばかり買って、結局部屋が片付かないという笑い話のような話も聞くし、これ以上買うことはないと思う。ただ『人生がときめく片付けの魔法』は未読なので、読んだら新たなスイッチが入って、俄然片付けをしたくなるかもしれません。

悪い霊が集まってくる

私は片付けや掃除は得意じゃないけど、きれいに片付いた部屋は好き(誰でもそうだと思うけど)。でも誰もやってくれないので、自分でやるしかない。しかし、なかなかやる気が出ないというとき、モチベーションの上がる言葉がある。それは、

「汚いところには悪い霊が集まってくる」

私は霊感がなくて、悪い霊がどんなものか分からないけど、分からないだけにいろいろと想像して怖い。

これを教えてくれた友人は、子どもが片付けないときに「悪い霊が集まってくるよ」と脅し文句にしていたそうだ。

この言葉を掃除の原動力としている私は、子どもと同じレベルか。でも部屋が片付くなら、モチベーションは何でもいいのです、きっと(それこそ、健康やダイエットのためでも)。

2019年1月23日(水曜)

〇体重 51.5 〇BMI 19.5 〇体脂肪率 28.5

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ちゃんぽん(タマネギ、人参、ピーマン、シメジ、小松菜、ネギ、厚揚げ、イカ、カニカマ)、ブロッコリーとパプリカ(甘酢)

■お八つ

ココア。ピザトースト(食パン10枚切り。タマネギ、チーズ)

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、味噌汁(サツマイモ、シメジ、ネギ、油揚げ)、塩ザケ、根菜の煮物(ゴボウ、レンコン、人参、コンニャク、練り物、昆布、ゆで卵)、海苔

2019年1月24日(木曜)

〇体重 51.1 〇BMI 19.4 〇体脂肪率 28.2

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

うどん(乾麺80グラム。干しシイタケ、ワカメ、ネギ、かまぼこ、天かす)、シメジとチリメンのアヒージョ(ニンニクオイル)、サラダ(サニーレタス、セロリ、パプリカ、クルミ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)

■お八つ

ココア

■夕飯

サンドイッチ(10枚切り食パン2枚。キュウリ、トマト、卵焼き、辛子マヨネーズ。サニーレタス。)、ポタージュスープ(インスタント)、フライドポテト

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 放射線治療へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする