不機嫌の原因

パンプスの痛み

Twitterで話題になっているという動画「ヒールが辛いのは本当か?男が実際に履いて検証!」。タイトルに惹かれて見てみました。20歳くらいの男性YouTuberが、デートという設定で一日パンプスを履いて過ごし、本当に足が痛くなるのかを身をもって試すという企画です。

履いた瞬間から、足下が安定しない。歩くと体重が爪先にかかって、足の指が痛い。階段が怖い。電車では座席に空きがなく立ちっぱなし。立ってても歩いても痛い。座りたくてしょうがない。それしか考えられない。

いやー、よく分かります。私も以前、仕事のときよくパンプスを履いていたが、足が痛くなるし、疲れるし、長時間履いてなきゃいけないときは本当につらかった。現役時代だったら私も「#KuToo」運動に賛同していたことでしょう。

苦痛、疲労、眠気

YouTuberの彼は最初笑顔だったが、痛みのためにじきに不機嫌になり、ずっと眉根を寄せたまま。パンプスで一日過ごすはずが、4時間で音を上げてしまう。

「(パンプスは)怪我しながら歩いてる(ようなもの)」「脱がないことには解決はない」というコメントは言い得て妙でありました(パンプス、まるで拷問用具のようです)。

痛みは人を不機嫌にさせるということが、映像を見ているとよく分かります(命に関わるような痛みは不機嫌どころじゃないでしょうけど)。痛くてしょうがないのに、人に優しくしたり寛容になったりできない。

私の場合、さらに疲れたり眠いときも不機嫌になる。体がしんどくて横になりたい以外、何も考えられなくなってしまう。心が狭いと自覚するも、どうにもできない。

そのため、体力があって疲れ知らず、痛みにも強いという人を心底うらやましく思うのであります。

2019年7月9日(火曜)

〇体重 51.0 〇BMI 19.3 〇体脂肪率 27.8

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

冷やし中華(キュウリ、錦糸卵、トマト、カニかまぼこ。ごまだれ)、焼きもの(ピーマン、シイタケ、厚揚げ。甘味噌)

※冷やし中華は、昨日は甘酢、今日はごまだれですが、写真だと分かりませんね。

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

マグロの漬け丼(酢飯100グラム。ネギ)、吸い物(ワカメ、シイタケ、ネギ、かまぼこ)、煮物(大根、ニンジン、コンニャク、がんもどき、ゆで卵)、ニンニクの茎の炒めもの(タマネギ、ニンジン、シメジ、厚揚げ、イカ)、ブドウ

※炒めものは昨日の残り。

2019年7月10日(水曜)

〇体重 50.8 〇BMI 19.2 〇体脂肪率 27.7

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ざるうどん(乾麺80グラム。オクラ。薬味はネギ、ミョウガ、ショウガ)、ゴボウとニンジンのきんぴら(白ごま)、キムチ納豆(ネギ)、ブロッコリーとトマト(甘酢)

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム。アサリの味噌汁(ネギ)、魚ハンバーグ(ズッキーニ、シイタケ)、サラダ(金時豆、パプリカ、ゆで卵、ブロッコリー。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)、梅干し、海苔

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 放射線治療へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする