2017月10月-2 2度目の経過観察-1 CEAが3.8に低下

半年ぶりにCEAが基準値以下に

10月17日(火)

9月20日に放射線治療が終わって以来の病院。この日は血液検査と診察。採血から検査結果が出るまで1時間以上かかるので、その間、院内の図書室で時間をつぶす。

予約時間になって名前を呼ばれ、緊張しながら診察室に入ると、モニターを見ていた担当医はこちらを向いて笑顔を浮かべた。大丈夫だったんだ! 一気に緊張感がほどける。

–(腫瘍マーカーのCEAは)下がりましたか。

「下がりました」

「下がった」だけで話が通じるのは、私の肺がん転移はCEAの上昇で明らかになったため。私にとってCEAは重要な指標だ(個人差があるので、全くCEAが変動しない人もいる)。ちなみにほかの腫瘍マーカー(SLX、KL-6など)はずっと基準値内で問題ないようだ。

医師はこれまでの数値を記したプリントを見せてくれながら、

「これ(CEA)が上がっていたらと思うと心配だった。一番低かったのが2.7(2016年10月)だったから、今後3ぐらいを維持できれば」

とにこにこしながら話すので、こちらも嬉しくなってくる。

私からは、「たまに咳が出ること、背中に赤みが残っていること、2〜3時間出かけると疲れて寝てしまうこと」など治療後の様子を話すと、「外出は様子をみて、無理をしないで」。背中の赤味も見てもらったが、「洗い方に気を付けて。次第に良くなる」。

どちらも当たり障りのない言葉しかもらえなかったが、医師に話を聞いてもらうこと、患部をチェックしてもらうことで、不安が薄らいでいく。

2年前に放射線治療(定位放射線)を受けた後も、具合の悪さは徐々に解消していったので、今回も同じような経過を辿るのだろうという予想(を込めた希望)があるからかもしれない。

CEAの推移(基準値は5.0以下)

<2016年>

10月18日   2.7

<2017年>

1月24日   4.2

4月25日   5.6

6月27日   7.5

8月 1日   8.1

9月 4日   10.6

10月17日  3.8

2度目の放射線治療は8月3日〜9月20日の33回。

9月にCEAが10.6まで上がった翌日、担当医からこう言われた。

「治療を始めたばかりなら上がることもあるが、今は後半なので普通は下がる。何かの刺激で上がったのかも。ただ、(下がる)反応が遅いこともある。次の検査(10月)で低くなっていることを期待しましょう」

期待通り、下がった。胸をなで下ろした。次の検査は11月21日。

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 放射線治療へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする