肺がんの5年生存率41.4%、3年生存率51.7%に

がんの5年・3年生存率がまた上がりました。→国立がん研究センターのがん登録・統計「がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計」(12月14日)

前回発表されたデータは、5年生存率が2009〜2010年にがんと診断された患者の生存率(3年生存率は診断年が2012年)。今回は2010〜2011年の調査です(3年は2013年)。

肺がんに限ると、5年生存率は40.6%から41.4%へ0.8ポイント上昇。3年生存率も50.8%から51.7%と0.9ポイント上がっている。

前年に比べて5年生存率は0.8ポイント増加

私が肺がんと診断されたのは2015年なので、生存率はこの数字よりさらに上がっていると思う。そしてそれ以降に診断された方は、きっともっと上がっていることでしょう。

ただ、以前は見つからなかった小さながんが、検査機器の性能向上により早期発見され早期治療されているため、生存率を押し上げているかもしれないというのは、以前にも書いたとおりです。→「肺がんの5年生存率40.6%、3年生存率50.8%

前回と今回の数字を表にしてみました。

肺がんの病期(ステージ)別5年・3年生存率(%)

肺がんと診断された年

2009〜2010年 2012年 2010〜2011年

2013年

5年生存率 3年生存率 5年生存率

3年生存率

全体

40.6 50.8 41.4 51.7

1期

81.2 89.7 81.6

89.0

2期

46.3 62.2 46.7

64.4

3期

22.3 36.5 22.6

38.2

4期

5.1

12.6 5.2

12.3

2019年12月13日(金曜)

〇体重 50.7 〇BMI 19.2 〇体脂肪率 27.1

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ちゃんぽん(タマネギ、ニンジン、キャベツ、ニンニクの茎、オクラ、マイタケ、厚揚げ、ちくわ、エビ)、ブドウ

■お八つ

紅茶(ユズの砂糖漬け)。スコーン(ジャム)

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、吸い物(インスタント。ネギ)、天ぷら(シイタケ、ピーマン)、かき揚げ(タマネギ、ニンジン、ちりめん)、高野豆腐とブロッコリー

2019年12月14日(土曜)

〇体重 50.9 〇BMI 19.3 〇体脂肪率 27.1

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

卵かけご飯、吸い物(マイタケ、オクラ、油揚げ、かまぼこ)、天ぷら(シイタケ、ピーマン。ブロッコリー)、かき揚げ(タマネギ、ニンジン、ちりめん)、根菜の煮物(ゴボウ、人参、タケノコ、コンニャク、丸天)、ブドウ

※昨夜余分に揚げておいた天ぷらをオーブントースターで温めました(ちょっと焦げてしまった)。かき揚げはあと1枚あります

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

味噌ラーメン(メンマ、かまぼこ、ネギ)、高野豆腐とブロッコリー、サラダ(カリフラワー、ゆで小豆、チリメン。岩塩、ブラックペッパー、オリーブオイル)

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする