がんと筋肉

LUNA SEAの河村隆一が、今年1月に肺腺がんを手術。術後、肋間神経の激痛が治まらなかったため、腹筋を中心とした筋肉トレーニングを行ったところ、痛みが消えてステージにも復帰できたそうだ。

※「河村隆一、完全復活を宣言!筋トレリハビリで肺腺がん克服「病気をして強くなった」」(スポニチ 12月29日)

※以前、記事にしています。→「大林宣彦と河村隆一の肺がん

「がん細胞の増殖を抑えて」(by筋肉)

一昨日の「スクワットを習慣に」では、スロトレで末期がんから生還したボディビルダーの大学教授を紹介しました。

2例だけだけど、同じような話を立て続けに目にすると、筋肉にはがん細胞を撃退する力が備わっているのかと期待したくなります。

昨年放送されたNHKスペシャル「人体」でも、コペンハーゲン大学のこんな研究を紹介していた。

筋肉からはがん細胞の増殖を抑えるようにというメッセージ物質が出ているが、運動することでそのメッセージ物質の分泌が促され、がんの増殖が抑えられるという。

放送では、マウスで成果が見られたため人への実験が始まったばかりとのことだったが、現在の進捗状況を知りたいものです。

※ブログで紹介しています。→「Nスペ「人体」〜がん治療の最前線

肺がん再発のピークは治療後2年目

それにしても河村隆一、術後1年もたっていないのに「肺腺がん克服」は早いのでは(新聞社が勝手に見出しを付けただけかもしれませんが)。肺がんが再発しやすいのは治療後2年目。心配なのはこれからではないでしょうか。

それと、記事には腹腔鏡手術とあるけど、胸腔鏡下手術の間違い?(胸じゃなくてお腹から手術したの?)また、内視鏡手術は開胸手術に比べて痛みが軽いと聞くけど、「激痛」ってこともあるんですね……。

2019年12月29日(日曜)

〇体重 50.9 〇BMI 19.3 〇体脂肪率 28.0

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

スパゲティ・アラビアータ(乾麺70グラム。ニンニクオイル)、サラダ(フリルレタス、タマネギ、ニンジン、ブロッコリー、ゆで小豆、ちりめん、パプリカ、ゆで卵、クリームチーズ、オリーブ、クルミ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル、バルサミコビネガー)

サラダのクリームチーズ、あっさりしていていけます。

■お八つ

コーヒー、飴。抹茶、一口チョコレート

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、味噌汁(ワカメ、大根、サツマイモ、シメジ)、海鮮餃子(ホタテ、イカ、ニラ、白菜)、ブロッコリー、キムチ納豆、ピリ辛コンニャク、ブドウ

エビがなかったので、ホタテとイカを入れました。

2019年12月30日(月曜)

〇体重 51.4 〇BMI 19.5 〇体脂肪率 28.3

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

焼きビーフン(タマネギ、ニンジン、ニンニクの茎、シメジ、白菜、かまぼこ、ホタテ)、海鮮餃子のスープ(ピーマン)、大根とコンニャクの煮物、ミカン

■お八つ

コーヒー、飴。抹茶、一口チョコレート

■夕飯

サンドイッチ(10枚切り食パン2枚。フリルレタス、ゆで卵)、ポタージュ(インスタント)、サラダ(ゆで小豆、パプリカ、クリームチーズ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)、里芋とイカの煮物

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする