2020年春のパスタとパスタソースのまとめ買い事情

パスタとパスタのレトルトソースはいつもネットでまとめ買いしています。大体、年に一度の割合。

数年前から利用しているショップは、購入金額が3,000円以上なら送料無料だったが、去年から5,000円以上へと引き上げられた。それでも他のショップよりは安いし種類も揃っているので、浮気せずにここで買っています。

お気に入りのパスタがずっと売り切れ

パスタもソースも自分の定番があって、パスタはイタリアのディチェコを3種類常備している。

今回も「ペンネ」「フジッリ(フズィリ)」「スパゲティ(1.6㎜のスパゲッティーニ)」を買おうとしたら、フジッリとスパゲティは売り切れ。数日すれば入荷するだろうとのんきに構えていたが、その後、何度確認してもずっと売り切れのまま。

これは、もしかしたら新型コロナウイルスの感染拡大の影響で輸入が滞っているのかも。だとしたら、入荷はいつになるか分からない。そこで、スパゲティはバリラ(1.7㎜)を代わりに購入した(バリラは以前よく買っていました)。

ディチェコのフジッリはほかのネットショップでも扱っていたが、単品だと送料がかかるので、結局、近所の成城石井で買ってきました(ネットより高いけど)。

日本でもパスタの買い占めが始まっているのか

現在、イタリアは新型コロナの感染者数(5万3,578人)が中国に次いで世界2位、死亡者数(4,825人)が1位ととんでもない状況になっている(3月22日12時現在)。

ディチェコは日本のスーパーなどでも見かけるメジャーなメーカーだけど、新型コロナ収束の兆しが見えない現在、市場に出ている分が尽きたら、次はいつ入ってくるか分からないかもしれない。

イギリスやフランスではパスタやトイレットペーパー、消毒液などが買い占めされ、スーパーの棚が空っぽという映像を目にする。日本でもそんな光景を見る日が近づいているのだろうか。

パスタソースを箱買い

パスタソースは日本のメーカー(ハチ食品)なので、まずは大丈夫でしょう。

今回はアラビアータを40袋、カルボナーラを4袋購入。いろいろ食べ比べたけど、結局この2つが自分の口に一番合っている。画像の後ろの箱にはアラビアータが12袋ずつ入っています。

しかし今後、ソースに使うトマトやオリーブなどが輸入されなくなると製造できなくなるかも。あらゆる面で先が見通せず、不安な春です。

※以前購入したときの記事です(これ以外にも何度もまとめて買っています)。

→「レトルトのパスタソース」(2017年4月12日)

→「2017年8月のまとめ」(2017年8月31日)

→「パスタのまとめ買い」(2018年3月16日)

※パスタは水に漬けた後、ゆでています(ゆで時間短縮のため)。

→「水漬けパスタ、試してみた

2020年3月21日(土曜)

〇体重 50.9 〇BMI 19.3 〇体脂肪率 28.4

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

細うどん(干しシイタケ。ワカメ、ネギ、かまぼこ、天かす)、焼きもの(ナス、ピーマン、シイタケ、厚揚げ、野菜天。甘味噌)、はっさく

甘味噌には一味を振っています

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、カレー鍋(タマネギ、人参、カボチャ、シメジ、シイタケ、ネギ、ほうれん草、豆腐半丁、竹輪、イカ)、サラダ(ブロッコリー、トマト、ゆで卵。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)

2020年3月22日(日曜)

〇体重 51.4 〇BMI 19.5 〇体脂肪率 28.3

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

サンドイッチ(キュウリ、トマト)、サラダ(フリルレタス、金時豆、ちりめん、アボカド、ブロッコリー、パプリカ、くるみ、オリーブ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル、バルサミコ酢)、ポテトグラタン(ジャガイモ、ネギ、アンチョビ、ホイップクリーム、モッツァレラチーズとゴーダチーズ)、ポタージュスープ(インスタント)

お腹が空いていたので、ついいろいろと並べてしまいました

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

お茶漬け、根菜の煮物(ゴボウ、人参、コンニャク、丸天、昆布)、菜花のおひたし、はっさく

※お昼に食べすぎたせいで夜になってもお腹が重い。ゆえに夕食は軽めで。

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする