ご飯のお好み焼き

小麦粉の代わりにご飯を使ってお好み焼きを作りました。

今日の夕飯、お好み焼きを作ろうと思ったけど、ご飯も食べたい。若い頃だったら、お好み焼きをおかずにご飯を食べられたけど、今は炭水化物を取りすぎるとお腹が重くなるため、合体させることにしました。

ちょっと分かりにくいけど、ところどころにご飯の粒々が見える

生地が柔らかいので、引っくり返すときは鍋のふたを使って

<作り方の覚え書き>

材料は、ご飯以外はいつものお好み焼きと同じです。

材料:ご飯100グラム、卵、削り節、山芋3㎝くらい、ニラ1/2把、キノコ(マイタケ、エノキ、シメジなど)1/3パック程度、魚介(アサリ、ホタテ、エビ、イカなど)、天かす、醤油、酢、ソース、マヨネーズ

1. ボールに温かいご飯を入れ、卵、削り節、すりおろした山芋を入れて混ぜる(水は入れない)。

2. 2㎝程度に切ったニラとキノコ、魚介(今日はエノキとアサリ)を入れて混ぜる。

3. 熱したフライパンに生地を丸く伸ばし、天かすを散らして中火で焼く。ひっくり返すときは、鍋のふた(お好み焼きの直径より大きなもの)を使う。生地が柔らかいためフライ返しで引っくり返すのは無理(無謀)。

4. 焼けたら鍋のふたを使ってお皿に移し、醤油とソースをかける。いつもはフライパン上でかけるが、生地が柔らかいため、やめておいたほうが無難(と判断)。

次回は小さめに焼いたほうがいいかも

<反省点>

とにかく生地が柔らかいので扱いが大変。ちゃんとお皿に載ったのが不思議なくらい。

食感が微妙。口当たりが良くない。味はいつもと同じなので、自分としてはおいしいのですが。でも、小麦粉じゃなくてご飯を食べているという満足感はある。

もし次に作るのであれば、小麦粉や片栗粉を少量混ぜたほうが、まとまりがよくなるかも。

今回は大きなフライパンで生地を広げて焼いたが、次は小さいフライパンで直径を小さく、生地を厚めに焼いたほうが扱いは楽だと思う。

2020年6月21日(日曜)

〇体重 51.4 〇BMI 19.5 〇体脂肪率 28.5

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

冷やしそば(乾麺80グラム。干しシイタケ、オクラ、トマト、海苔)、アヒージョ(エリンギ、シメジ、ちりめん。ニンニクオイル)、サツマイモのグレープフルーツジュース煮、プラム

サツマイモを見ていたら思い出した。今日の夕方、全国で部分日食がありましたが、名古屋はあいにくの曇り空ではっきりとは見られず。残念

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

ご飯のお好み焼き(雑穀入りご飯100グラム、卵、山芋、削り節、ニラ、エノキ、アサリ)、味噌汁(カボチャ、人参、ワカメ、ネギ、油揚げ)、高野豆腐とラディッシュ

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする