日本とアメリカのがん予防法

今日ネットに上がっていた記事です。→「米国がん協会のがん予防ガイドライン、8年ぶり更新の4つのポイント」(DIAMOND online 7月15日)

日本でも、長年にわたるがん研究から「日本人のためのがん予防法」(国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ 2017年)という提言が出されているので、日米で何が同じで何が違うのか比べてみた。

日米それぞれ、効果のあるがん予防法

日本「日本人のためのがん予防法」

・喫煙(たばこは吸わない。他人の副流煙も避ける)

・飲酒(飲むなら節度ある飲酒を)

・食事(偏らずバランスよく食べる)

・身体活動(日常生活を活動的に)

・体形(適正なBMI値になるような体重管理を)

・感染(肝炎ウイルス感染検査を受ける)

アメリカ「がん予防のための食事と運動に関するガイドライン」

・体形(健康的な体重維持を)

・身体活動(中強度〜高強度の運動をしよう)

・食事(健康的な食事パターンを)

・飲酒(飲まないのが最善)

ほぼ同じだけど、細部が若干異なる

アメリカの4項目は全部、日本の予防法に入っています(アメリカのほうは食事と運動の指針なので、たばこは入っていない)。

内容的にはほぼ同じ。がんになりたくなければ、気を付けるべきことは日本もアメリカも同じということですね。

ただ、身体活動を見ると、日本は強度(歩行かそれと同等以上)の運動を1日60分勧めているのに対し、アメリカでは中強度の運動を週に150〜300分(1日20〜40分程度)と、日本のほうが長時間体を動かす必要がある。

また、飲酒をしたい場合、アルコール換算で日本は1日23グラム(日本酒1合、ビールは大瓶1本)まで。アメリカは男性なら28グラム、女性14グラム(ビールの小瓶1本)までを推奨。ビールの小瓶って334mlなのでレギュラー缶350mlと同じくらい。こんなんで飲んだ気になるのでしょうか……。

大まかな項目は同じでも、細かい点ではいろいろと違いがあるようです(日本人とアメリカ人では体格も違うし)。

「日本人のためのがん予防法」P6を見ると、果物は肺がんになるのを防いでくれる可能性があるようです。すでに肺がんサバイバーの身に効果があるかどうかは不明ですが、これからも果物はなるべく積極的に口にしたいと思います。

2020年7月15日(水曜)

〇体重 50.8 〇BMI 19.2 〇体脂肪率 28.1

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ラーメン(メンマ、ネギ、かまぼこ)、キムチ納豆(ネギ)、ピリ辛コンニャク、キュウリの酢の物(ワカメ、ショウガ)、プラム(大石早生)

プラムに歯を立てたら、桃の香りが広がりました。さすが、すもも(食べ進めると桃との違いがはっきりしてきますが)

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、味噌汁(ワカメ、シメジ、ナス、ズッキーニ)、野菜炒め(ショウガ、タマネギ、ニンジン、ピーマン、マイタケ、モヤシ、厚揚げ、竹輪、イカ)、カボチャとゆで卵、ブドウ

モヤシのシャキシャキ感が好きなので、炒めるときは最後に加えて、さっと火を通すだけにしています

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする