ドラマ「アンサング・シンデレラ」〜薬剤師が肺がん4期に

現在放送中のドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ 木曜夜10時)。少し前から、薬剤師の瀬野(田中圭)が時々みぞおちあたりを抑えて苦しそうにしていたけど、昨夜(第8回)のラストでは、とうとう喀血して倒れてしまった。

続く予告編で、瀬野に下された病名は「非小細胞肺がんのステージ4」。

大量吐血で非小細胞肺がん発覚

それを聞いた瞬間、頭の中に次々と「?」マークが出てきました。

・肺がんってこんな大量に血を吐くことがあるの?(あとで調べたら、あるようです)

・病院勤務なんだから、毎年、病院で健康診断を受けてないの? 去年までの胸のレントゲンに何も写ってなかったんだろうか。

・もしかして肺がんだと分かっていたが、同僚たちに隠していた?

・と思ったが、ドラマのサイトを見ると、来週9回の「ストーリー」に、肺がん4期の告知は瀬野にとって「受け入れがたいものだった」とあった。やっぱり、いきなり発覚したのでしょうか。

・非小細胞肺がんだとして、腺がん? 扁平上皮がん? 大細胞がん?

どの薬物療法になるのか

・4期だと手術はできないから薬物療法か。治療しないという選択肢もあるけど、薬剤師なのでその選択はないか(ドラマ的にも、それはあり得ない)。

・薬物療法として、抗がん剤、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤のどれになるのか。そしてどれくらい効果はあるのか。

ステージ4といっても5年生存率はゼロではなく、長期生存を果たしている人もいる。

瀬野には治療が奏功し、仕事もずっと続けていく、そんな肺がん患者たちの希望の星になってほしいものです。

末期がん患者の在宅医療

昨夜の第8回には、終末期の末期がん患者の在宅医療の様子も描かれていた。

大腸がんが再発して肺や脳、肝臓に転移した女性が、最期は自宅で迎えたいと帰宅。訪問診療を受けながら痛みをコントールしていたが、次第に痛みと意識混濁、せん妄がひどくなり、夫は鎮静を決意する。

これから在宅医療は増えていくはず。自宅で死ぬとは、鎮静(セデーション)とはこういうことかと、一つの例を見せてもらった気がします。

※ドラマについてほかにも書いています。→「ドラマ「アンサング・シンデレラ」〜胃がん末期患者と家族」「ドラマ「アンサング・シンデレラ」最終回〜副腎がんの治験

2020年9月4日(金曜)

〇体重 51.4 〇BMI 19.5 〇体脂肪率 28.1

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

天ぷらうどん(乾麺80グラム。ワカメ、かき揚げ、ネギ)、サラダ(レタス、紅絞り豆、枝豆、ラディッシュ、カマンベールチーズ、クルミ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル、バルサミコ酢)、イチジク

今日は最高気温が29.4度と30度を下回ったので、久々に温かいうどんをこさえました。かき揚げ(タマネギ、人参、ちりめん)は昨夜余分に揚げておいたもの。あと2枚あります

■お八つ

コーヒー、飴。抹茶、クラッカー

■夕飯

マグロの漬け丼(酢飯100グラム、マグロ、貝割れ菜)、吸い物(ワカメ、シメジ、小松菜、卵)、ゴボウと人参のきんぴら(白ごま)、ピリ辛コンニャク、ブロッコリーとトウモロコシ

蒸したてブロッコリーにはマヨネーズが定番

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする