新型コロナ影響下の日々15〜がん患者への影響

昨日ネットに上がっていた記事。→「がん患者の8人に1人が治療変更 院内でコロナ感染警戒」(朝日新聞デジタル 12月4日)

新型コロナの院内感染を恐れて、治療や受診を控えるがん患者がいるとは聞いていたが、310人中40人(8人に1人)と聞くとやっぱり多い。

でも、治療・受診を控えることを決めたのは、40人中23人が医師(医療機関)の判断、15人が患者、2人が周囲の判断。自主的にやめたのは20人に1人なので、それほど多くないかも。

やっぱり治療や定期検査を先延ばしにしたくないがん患者のほうが多いようです(私自身もそうだった)。

でも、ここ数日の新型コロナ新規感染者、重症者の急増は、そんな状況を許さなくするかもしれません。

一昨日のこの記事には、とうとうここまで来たかと驚いた。→「若年がん患者専用病棟、看護師のコロナ対応で一時閉鎖…大阪市立総合医療センター」(讀賣新聞オンライン 12月3日)

看護師をコロナ患者に対応させるため、AYA世代(10〜30代の若いがん患者)の専用病棟を閉鎖させるという。

思わず、コロナ患者はがん患者を駆逐するなんて言葉が浮かんでしまいました。

新型コロナウイルスによる最近の影響

・11月29日、愛知県は名古屋市中区の栄・錦地区の飲食店に営業時間短縮を要請(12月18日まで)。

・12月1日、東京都はGo To トラベルで、東京を発着する旅行の利用自粛を呼びかけ。対象は、重症化リスクの高い65歳以上の高齢者と基礎疾患のある人(17日まで)。

・大阪府が12月3日から非常事態を示す「赤信号」を初点灯。不要不急の外出を控えるよう呼びかけ。

・今日(12月5日)、東京都で1日の感染者数584人。

12月に入って累計感染者数が15万人を超えたと思ったら、わずか4日間(今日)で16万人を超えた。そして、重症者は520人。

4月のときのように、緊急事態宣言は全国に出されるのでしょうか(医療従事者の負担をこれ以上重くしないためにも、手を打たないと)。

感染状況のステージ

最近になって、新型コロナウイルスの感染状況のステージというのをよく耳にするようになったのだけど、これがステージ1から4まであって、がんの進行の程度を表す言い方と同じ。よくある使われ方で不思議じゃないのだけど、聞くたびにがんを連想してしまって、心に小さな波が立ちます。

いつから言われだしたんだろうと思ったら、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が8月に出したもののようです。

「大阪府では重症者用の病床がひっ迫しており、ステージ4」なんて聞くと、ついどきりとしてしまいます。

2020年12月4日(金曜)

〇体重 50.8 〇BMI 19.2 〇体脂肪率 28.3

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

カンパーニュトースト2枚、ツナのパテ(オリーブ、マヨネーズ)、ミネストローネ(タマネギ、ニンジン、ゆで大豆、カボチャ、カットトマト)、サラダ(スティックセニョール、赤カブ、金時豆、柿、ちりめん、クルミ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)、マッシュルーム

左上がリトライした「マッシュルーム・スープ」

■お八つ

コーヒー、飴。抹茶、一口チョコ

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、吸い物(ワカメ、シメジ、小松菜、かまぼこ)、厚揚げのキノコあん(厚揚げ、シイタケ、シメジ、エノキダケ、ネギ)、根菜の煮物(ゴボウ、レンコン、人参、コンニャク、丸天、昆布、ゆで卵)、梅干し、海苔、ミカン

キノコは3種類使用

2020年12月5日(土曜)

〇体重 51.4 〇BMI 19.5 〇体脂肪率 28.6

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ちゃんぽん(タマネギ、ニンジン、タケノコ、シメジ、小松菜、モヤシ、ちくわ、厚揚げ、エビ)、ミカン

モヤシと小松菜の青い部分は最後に加えます

■お八つ

コーヒー、飴。クラッカー

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、ニラと卵の吸い物、アジの干物、根菜の煮物(ゴボウ、レンコン、人参、コンニャク、丸天、昆布)、サラダ(赤カブ、金時豆、キュウリ、クルミ、オリーブ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)

干物はフライパンで焼いています

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする