生のベビーコーン

スーパーの地場野菜のコーナーにベビーコーンがあったので、買ってみました。先月くらいからたまに見かけていたのだけど、食べ方がよく分からず、手が伸びなかった。

でも昨日、普通のトウモロコシ(スイートコーン)の意外な加熱方法(薄皮を1枚だけ残してレンジで5分)を知って、トウモロコシがそんな簡単に火が通るなら、ベビーコーンなんてあっという間のはず。そう思って、ついに購入。愛知県産、5本入りで213円でした。

ベビーコーン、子どもの頃はずっとヤングコーンと呼んでいた。中華料理の八宝菜とか揚げそばなんかに入っているのが好きだったので、瓶詰のベビーコーンを買ってきて料理をしていたことがあるけれど、生は初めてです。

全長25センチほど。でも、皮をむいてひげを取ると、可食部分は半分くらいの長さ。ネットで見ると、先っぽのほうは皮もひげもずっと長いけれど、これはスーパー仕様で先のほうはちょんぎってあります(残念)。

レンジで加熱しても良かったけど、ほかの野菜と一緒に焼いてみた。

フライパンで焼いてみた

フライパンにオリーブオイルを熱し、野菜に火が通ったら最後に醤油を回しがける。ベビーコーンはトウモロコシのほのかな甘味に加えて、青っぽくみずみずしさを感じる。芯は少しこりっとしているけれど、そのまま食べられます。好みの食感です。

ネットで見たら、薄皮やひげも食べられるそうなので、残り2本は別の食べ方をしたいと思います。また、普通のトウモロコシが安くなってきたら、レンジで5分の加熱方法も試してみるつもりです。

オーブントースターで焼いてみた<6月11日追記>

残りの2本ですが、2日後に皮付きのままオーブントースターに入れ、蒸し焼きにしてみました。

アヒージョと一緒にオーブントースターで加熱したため、そのままでは長すぎて入らず、先のほうを切り落とした。皮も数枚むいた。

加熱時間は750ワットで10分強。お皿に取り出し、皮をむいて口に入れたところ、トウモロコシの甘くてみずみずしい香りが広がりました。ひげも食べてみたけど、面白い食感。蒸し焼きにしたため、トウモロコシのうま味が凝縮されている印象です。

マヨネーズをちょっと付けてみたけど、余計でした。そのままか、少しの塩だけで十分だと思います。

2021年6月8日(火曜)

〇体重 51.5 〇BMI 19.5 〇体脂肪率 28.4

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

冷やしうどん(乾麺80グラム。干しシイタケ、いんげん豆、ラディッシュ、カニかまぼこ)、焼きもの(ベビーコーン、ブロッコリー、シイタケ、ナス、厚揚げ)、キウイ

今日も真夏日だったので、今年初めて冷たい麺にしてみました。まだ氷は作っていないので、麺は水で冷やしただけですが、涼感を楽しめました

■お八つ

コーヒー、飴。グレープフルーツジュース

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、味噌汁(カボチャ、大根、シイタケ、ワカメ)、ゴーヤーチャンプルー(タマネギ、ニンジン、タケノコ、シメジ、ゴーヤー、ちくわ、豆腐半丁、卵)、梅干し、海苔、バナナ

これも夏気分。暑いとゴーヤーが食べたくなります

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする