「おかえりモネ」〜トムさんの肺腺がん

先週金曜日(6月18日)、NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で、トムさん(塚本晋也)が肺腺がんであることが明かされました。

トムさんというのは、主人公モネ(清原果耶)の父親(内野聖陽)の昔からの友人で、現在はジャス喫茶のマスター(本名は知久で、トムは通称)。女遊びがたたって妻と娘に逃げられ、一人暮らしをしている65歳という設定です。

チラッと映った大学病院の呼吸器内科からの紹介状には、肺腺がんステージ4、右胸水貯留、気管支喘息、高血圧症、開放隅角緑内障の文字が見える。

大学病院から地元の診療所に転院

トムさんは大学病院での積極的な治療に嫌気が差し、地元の診療所へ通院しながら薬物治療で経過をみることを選択したようです。

ドラマの舞台は2015年。今から6年前。私が肺腺がんの診断を受けた年です。1人暮らしのがん患者の生活がどういうふうに描かれるのか興味を持った。

喘息で倒れたトムさんの自宅をモネが訪ねたら、トムさんは電動リクライニングベッドで酸素吸入をしていたので、設備はいろいろと整えていた様子。

このまま悪化していくのかと思ったら、喘息で倒れたのはたまたまだったようで、娘が結婚して夏に孫が生まれることを人づてに聞いたトムさんは、訪問診療(積極治療)を受けることを決意、というのが今週のストーリーでした。

希望を持つことで人の心は大きく変わる。トムさんの病状がどう変わっていくのか、今後も目が離せません。

2021年6月26日(土曜)

〇体重 51.4 〇BMI 19.5 〇体脂肪率 28.4

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

冷やし細うどん(乾麺80グラム。干しシイタケ、インゲン、パプリカ、かまぼこ)、野菜焼き(ナス、ズッキーニ、ニンジン、厚揚げ)、プラム

最高気温は26.6度とそれほど上がらなかったけど、蒸し暑かったので冷たいうどんを作りました。細めの麺なので、ゆで時間が短くてすむのがいい

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、味噌汁(ニンジン、ズッキーニ、シメジ、油揚げ)、サバの生姜醤油焼き(ピーマン)、ゴボウの煮物(コンニャク、チクワ、昆布)、ネギの卵焼き、プラム

ピーマンは種ごと食べています

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする