がん患者の8割が代替医療を受けている?

昨日、ネットに上がっていました。自身も膀胱がん経験者である放射線科医、中川恵一医師の連載記事です。→「サプリ服用者はがん再発率が高い 米臨床腫瘍学会誌で報告」(日刊ゲンダイヘルスケア+ 10月2日)

厚生労働省などの調査によると、がん患者の40%以上は健康食品を使用している、80%はサプリメントを始めとする代替医療を受けている、そして50%がサプリを摂取しているのだとか。

がん患者の8割が代替医療(療法)を受けているというのには驚きました。ただ代替医療は種類が多く、日本補完代替医療学会のサイトによると、健康食品、鍼灸、指圧、アロマセラピー、ビタミン療法、食事療法、温泉療法からリンパ球療法などの免疫療法(健康保険適用外)まで多岐にわたります。

ニンジンジュースや玄米菜食、ケトン食なども入るとしたら、がん患者の8割も代替医療を受けているというのもうなずけるかも。ただ、私自身は放射線治療中も、その後の経過観察中も代替医療は一度も受けたことがないので、あまりぴんと来ないのですが。

サプリ摂取者も多く、がん患者の半数も

がん患者の約半数がサプリメントを取っているというのにも驚いた。記事にあるように、サプリのせいで再発率が高くなる可能性があるのにはぞっとした。「薬」のつもりで飲んでいたサプリが実は「毒」で、お金をつぎ込んでわざわざがんの再発を引き寄せていたとしたら、悔やんでも悔やみきれないはず。

やっぱり栄養は食物から取りたいものだと改めて思ったことでした(私は肉を食べないので、栄養のバランスを取るのはなかなか難しいのですが)。

2021年10月2日(土曜)

〇体重 51.0 〇BMI 19.3 〇体脂肪率 28.5

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ペンネ・ボンゴレロッソ(乾麺70グラム)、サラダ(フリルレタス、タマネギ、ニンジン、うずら豆、ちりめん、アボカド、ミニトマト、くるみ、オリーブ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル、バルサミコビネガー)

一時期値上がりしていたフリルレタスの値段がまた落ち着いてきました

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

おにぎり(ご飯100グラム。梅干し、海苔)、味噌汁(ワカメ、カボチャ、シメジ、エノキダケ)、高野豆腐(ヘルシエ)、ゴボウとニンジンのきんぴら(ごま)

食欲がないので、簡単に

2021年10月3日(日曜)

〇体重 50.6 〇BMI 19.2 〇体脂肪率 27.3

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ラーメン(ネギ、かまぼこ、メンマ)、千切りサラダ(大根、ニンジン、フリルレタス、うずら豆、ちりめん。岩塩、黒胡椒、ゴマ油)、柿

久々にメンマを作りました

■お八つ

コーヒー

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、味噌汁(ワカメ、カボチャ、エノキ、油揚げ、卵)、アジの生姜焼き(ピーマン)、大根とコンニャクの煮物、枝豆

いつものご飯

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする