アルミ鍋を買い替えた

上が新たに購入した鍋。下が長年使い続けた鍋。共に22センチで、高さも同じ

22センチの行平鍋

片手鍋は大きいものから小さいものまでサイズ別に5つ使っています。これは一番大きいサイズで、直径22センチ。でもアルミ製なので軽い。私は肩こりなので、重い調理道具は避け、なるべく軽くて扱いやすいものを選んでいます。

この鍋(下)は確か20年くらい前にイオンで買ったと思う。乾麺をゆでたり、カボチャやイモを平たく並べて含め煮にしたり、魚に落としぶたをして煮たりと幅広く使っていた。

それが、2〜3年前から取っ手(木柄)がぐらぐらするようになってきた。取っ手はハンドル金具に差し込み、ネジ1本でとめるという極めてシンプルな作り。ネジをきつく締めたらしばらくは良かったが、また緩んでくるのでネジを交換したりしていたが、木柄の穴が徐々に広がっていくようで、ぐらぐらしているのが当たり前になってきた。

麺をゆでて煮え立った湯をシンクに流すとき、取っ手が取れたら熱湯を浴びることになってしまう。想像するだに怖い。

旧鍋。ネジをきっちり締めても取っ手はぐらぐらしたまま

鍋が壊れる夢を見た

ここ2〜3年こわごわと使って来たが、少し前、夢に鍋が出てきた。とうとう取っ手が外れて、あわや大惨事、というところで目が覚めた。

潜在意識ではずっと気になっていたのかと自分でも驚いた。熱湯を浴びるなんて予知夢にしたくない。いい加減先延ばしせず購入を決断する。

できれば従来の鍋と全く同じものが良かったが、メーカーが分からない。Amazonで探して、多分これというものを見つけた。北陸アルミニウムというメーカーの行平鍋です。高さも、木柄の2本線なんかも同じだし、間違いないと思う。

旧鍋と同じく22センチを注文した。

新鍋。取っ手はきっちりはまっています

サイズは同じだけど容量が違っていた

届いた鍋を手にしたところ、何か違う。旧鍋と並べて、ようやく違いが分かった。底が狭いのです。旧鍋は底が広くて安定感があった。新鍋は底が狭い。とすれば入る容量も違うはず。と思って、鍋の内側に刻まれた目盛を見て仰天した。

旧鍋。2600ml(汚くてすみません)

新鍋。2400cc(旧鍋と単位の表記が異なります。満水容量は2.8リットルとあった)

似て非なるものだったのですね。Amazonのサイトは別サイズの鍋の目盛(1600)が使われていて、まぎらわしいことこの上ない。

実はこの鍋、木柄だけ交換することができる。でも22センチ用の木柄はAmazonでは扱いがなく、別のECサイトにあるにはあったが送料を加えると1000円以上してしまう。鍋が1600円ほどで買えるのに、取っ手にそれだけ払うのはどうかと思い、鍋本体を選んだのですが、これが間違いだったのか(送料入れると2000円超えますが)。

今日、新しい鍋で細うどんをゆでてみた。旧鍋と同じく軽く、使い勝手には満足しています。旧鍋はどうするか。いつか木柄を買って再度使うことはあるのか。まだ心を決めかねているので、しばらくはしまっておこうと思います(こうしてものが増えていく)。

2021年11月10日(水曜)

〇体重 50.7 〇BMI 19.2 〇体脂肪率 27.4

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ラーメン(エノキダケ、ネギ、かまぼこ)、焼きもの(ニンジン、ピーマン、レンコン、厚揚げ。甘みそ、ゴマ)、柿

キノコがエノキダケしかありません。キノコ好きにはつらい

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

チヂミ(小麦粉50グラム、片栗粉10グラム。ニラ、ニンジン、アサリ50グラム。酢醤油、ラー油、ゴマ)、味噌汁(ワカメ、タマネギ、エノキダケ、小松菜、卵)、大根の煮物(厚揚げ、糸コンニャク)

ここでもエノキダケ

2021年11月11日(木曜)

〇体重 50.1 〇BMI 19.0 〇体脂肪率 27.5

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

天ぷらうどん(乾麺80グラム。ワカメ、ネギ、かまぼこ、かき揚げ)、キムチ納豆(ネギ)、ほうれん草のおひたし(塩昆布、クルミ)、キウイ

かき揚げは、タマネギ、ニンジン、ちりめん。また近々揚げたいと思います

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、鍋(豆腐、春菊、シメジ、マイタケ、ネギ、かまぼこ。酢醤油、レモン果汁)、アジの干物、ブドウ

今日は久々にスーパーへ行けたので、念願のキノコで鍋を

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする