5月の真夏日ににゅうめん

そうめんで作る奈良の郷土料理

昨日今日と名古屋は最高気温が30度を超えました。5月だというのに連日の真夏日で、暑さに慣れていない体の内部には熱がこもったよう。

部屋の中ももわっとした温気が漂い始めているので、サーキュレーターを回して室内の空気を循環しています。扇風機は数日前から使っています。

こう暑いと、煮炊きで長く火を使うのは避けたい。そこで今日のお昼は、ゆで時間が短くすむにゅうめんを作りました。

今さっきネットを見たら、にゅうめんは奈良県の郷土料理なんだとか。全国区じゃないんですね。愛知は奈良と割に近いせいか、子どもの頃から食べていましたが。

冷や麦のにゅうめん

それから、本来にゅうめんはそうめんで作るとありますが、私は冷や麦で作ります。私が冷や麦のほうが好きで、そうめんは常備していないため。

そうめんは直径1.3ミリ未満と細いためにすぐに伸びてしまうけど、冷や麦は直径1.3〜1.7ミリ未満と太いので、熱い汁を張っても麺のこしが長持ちすると思う。

もう真夏日なんだから、冷や麦とか冷やしうどんなどの冷たい麺でもいいかなと思ったのですが、朝夜はまだ涼しくて、体を冷やしたくない。

麺も汁もよーく冷やした麺は、本格的な夏が来てからいただきたいと思います。

※にゅうめんの汁のレシピです。→「めんつゆ黄金比-1

2022年5月29日(日曜)

〇体重 50.1 〇BMI 19.0 〇体脂肪率 27.2

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ラーメン(生麺100グラム。ネギ、かまぼこ、メンマ)、アヒージョ(シメジ、エリンギ、ブロッコリー、ちりめん、ホタテ。ニンニクオイル)、大根の煮物(糸コンニャク、厚揚げ)、甘夏

メンマは薄味で仕立てました(いつも辛めなので)

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、味噌汁(ワカメ、エノキダケ、油揚げ、ネギ、卵)、海鮮餃子(イカ、ホタテ、ニラ、キャベツ)、肉なし肉じゃが(ジャガイモ、タマネギ、ニンジン、チクワ)、キュウリ(塩昆布)、

最高気温33.1度。暑さのせいか、だるくて料理する元気なし。冷凍しておいた餃子を焼きました

2022年5月30日(月曜)

〇体重 49.9 〇BMI 18.9 〇体脂肪率 26.3

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

にゅうめん(冷や麦乾麺70グラム。干しシイタケ、ワカメ、ネギ、かまぼこ、天かす)、肉なし肉じゃが、キムチ納豆(ネギ)、甘夏

■夕飯

雑穀入りご飯、ニラ玉吸い物、塩鮭、大根の煮物、カボチャとタマネギのサラダ(キュウリ)、甘夏

最高気温31.5度。午後に出ていたので、今日のお八つはありません

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする