はじめに

先日、肺がんの患者会に出席しました。

患者さんのステージ(病期)は1から3。手術、抗がん剤治療を受けている方がほとんどの中に、緊張した面持ちで自己紹介する40前後の女性が。

「検査が終わって来週ステージが確定します。放射線治療を希望していますが、情報を持っている人に話が聞きたくて来ました」

思わず心の中で叫びました。

「あ、去年の私だ!」

彼女は、肺がんの宣告を受けた頃の私でした。

放射線治療を受けたい。でもどこがいい? 経験した人がいたら教えてほしい・・・。

もしかしたら、彼女や私のように、放射線治療について情報を求めている人は多いのではないか。そんな人の役に少しでも立てたらと思い、このブログを立ち上げることにしました。

がんと宣告を受けただけでショックなのに、それから検査、ステージ確定、治療の選択と、しなければならないこと、決めなければいけないことが矢継ぎ早にやってきます。

できるだけ情報を集めて最適な治療を受けたいと思うのですが(治療を受けないのも選択肢の一つ)、ネットも書籍の情報も玉石混交。

「一体、自分に一番適切な情報はどこにあるの?」

嵐の中に放り込まれて右往左往しているうちに、次の通院日はじき訪れます。

情報の海に溺れそうになって、疲弊した頭では何も決断できなくなり、誰かに「全部任せます。一番いい方法を決めて!」とすがりたくなるほど。

私の場合は、肺がん1期の標準治療である手術を勧める医師に対し、放射線治療を受けたいと言い続けたせいか、いい顔をされませんでした。

自分の受けたい治療に辿り着くまでに、足止めをされたり、寄り道をしたりと時間がかかりました。

肺がんの初期で標準治療を選ばなかった人は、どこにいて、どんなことを考え、どんな行動を取ったのだろう・・・。

私がその頃知りたかった、そんな疑問の答えの一つを、ここに残しておきたいと思います。

肺がん1期の5年生存率は70〜90%。

決して低い数字ではありません。

しかしいくら確率が高かろうと、自分が5年後に生きていることを数字が保証してくれるわけではありません。

自分が死んだら0%です。

肺がんサバイバー2年目に入った現在も、咳が出ると肺に再発したのか、頭が痛いと脳に転移したのか、腰が痛むと肝臓か骨に・・・と心が安まるときはありません。

一応2年とか5年、異変がなければ寛解したと見なされるようですが、5年を超えて再発、転移した人も多く、結局、死ぬまでこの心配を抱えていくのだな、それなら一病息災と同じようなものではないか、と思い至るようになりました。

再発や転移への怖れが消えることはありません。

ずっと無病息災でいられたらいいけど、生老病死は人の常、しょせん叶わぬ夢です。

それだったらば、がんもまた一病息災と捉えて、平らかな気持ちで坦々と生きていきたいと願っています。

なお、ブログタイトルの「簡素に暮らす 時々 肺がん」は、日々の暮らしが基本にあって、がんがたまのことであってほしい(年に数回の検査だけであってほしい。つまり再発、転移が起こらないように)という祈りの気持ちを込めて付けたものです。

そのため、がんについて一通り振り返ったあと、普段の暮らしについて綴りたいと思っています。

(ブログを書くのは初めてで、何もかも手探り状態です。至らないところはご容赦ください)

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 放射線治療へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする