2015年6月-2 胸部CTに3センチの影

翌週の月曜、自転車を走らせて、B病院へ。

胸部CTを撮ってもらい、受け取ったデータ(CD)を持って、Aクリニックへ。

祈るような気持ちでモニターを見たが、影は間違いではなかった。

3センチの腫瘍らしきものがくっきりと写っている。

正体は何か。

調べるには、組織を採取して検査を行う必要があると言われた。

気管支鏡検査だ。

「どの病院でも紹介状を書きますよ」

と医師が言うので、

「じゃあ交通の便のいいところを」

と、地下鉄1本で行けて、駅からも近いC病院を選んだ。

車を持っていないので、どこへ行くにもアクセスの良さが第一条件となる。

C病院は以前、ほかの病気で通院していたこともあって、様子が分かっていたこともある。

ところで、病院名は実際のイニシャルにしようと思いましたが、

みんな「N病院」となることに気付いて、ABCにしました。

やっぱり名古屋なので、N病院って多いんですよ。

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 放射線治療へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする