公園の喫煙者

近所に公園があります。

小学校と隣り合っていて、割合に広いので、昼間なら近くの幼稚園の園児たちが保育士さんに連れられてやってくるし、母親と幼児がよくお弁当を広げている。午後からはフェンスに囲まれたグラウンドでキャッチボールやサッカーに興じる子供たちの歓声が絶えないし、朝晩は犬を連れて散歩している中高年を多く見かける。夏休みには毎朝ラジオ体操もやっている。

遠回りして煙を回避

公園の周囲は住宅地で、家や商業施設、マンションが建ち並んでいる。

そのせいだろう、公園で喫煙する人が多い。家やオフィスで吸えないので、公園まで来て吸っているのだ。特に昼食後、スーツ姿の男性が数人、立ったまま携帯灰皿を片手にたばこをくゆらせていると、道を変えてでも近づかないようにしている。

今日も夕方散歩に出たら、犬を連れた年配の男性が公園の道の真ん中で立ち止まってたばこに火を付けようとしていた。

私は喫煙者だったころから他人のたばこの煙の臭いが大嫌いだったので(自分勝手だと自覚しています)、手袋を鼻と口に当て、その人からぐるっと半円形を描くように大回りしてすれ違った。

「あなたのたばこを不愉快に思っている人がいますよ」という意思表示のつもりだったが、多分伝わっていないでしょうね。

私、肺がんなんです

すぐそばで男の子たちがサッカーボールを蹴り合っていたので、

「近くに子供がいるからたばこはやめてください」と言ってもよかったが、顔を覚えられて逆恨みされたら怖い。

でも一度言ってみたい気もする。「そんなこと言われる筋合いはない!」と逆上されたら、「私、肺がんなんです」と返す。どんな反応をされるか、ちょっと知りたい気がするのだ(悪趣味ですね)。

公園には灰皿はないけど、禁煙の看板も立っていない。でも隣は小学校、周囲には乳児、幼児、小学生らがいて、ベンチで飲食をしている人もいる。

喫煙者はおそらく、そういう人たちを目にしても、公園しか吸う場所がないから仕方ない、と見えないふりをしているんだと思う(じゃないと良心が痛むから)。

公園が禁煙にならないものか。せめて子供たちから遠い場所に喫煙所を決めてもらえないか。

そんなことを考えていると、あんまり散歩が楽しくない。

2018年2月11日(日曜)

〇体重 49.6 〇BMI 18.8 〇体脂肪率 26.4

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

フスィリ(乾麺80グラム)、ソースはアラビアータ(ニンニクオイル)、スープ(玉ネギ、人参、カボチャ、ブロッコリー、シメジ)、サラダ(ミズナ、小豆、パプリカ、アボカド。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)

※いつもパスタには大皿のサラダを添えますが、生野菜は身体が冷えるので今日は小盛りにしてみました。代わりにスープを作りましたが、しみじみあったかい。

■お八つ

ココア、ドーナツ

■夕飯

雑煮(切り餅2個、小松菜、ちくわ)、盛り合わせ(煮物(レンコン、コンニャク、丸天)、だし巻き卵、サツマイモのレモン煮、ミズナ)、納豆(卵、ネギ)

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする