春日山原始林、歩いてきた

昨日(1日)、奈良の春日山原始林を歩いてきました。春日大社の神山として昔から狩猟や伐採が禁じられてきたそうで、豊かな自然が手付かずのまま残っている。でも、遊歩道はよく整備されていて、延々とゆるやかな上り坂が続き、延々と下り坂が続く。とても歩きやすい道でした。

そして遊歩道の途中で、初めて上った若草山頂上からの眺望の素晴らしかったこと。奈良市内や周辺の山々がぐるりと見渡せた。

4時間以上歩いたので体はくたくただけど、自然の息吹を心身共にチャージしたようで、爽快な気分です。

若草山頂上(三重目)。よく晴れていたのでコントラストが強く、なんだか絵のような風景でした。丘の向こうから奈良市街が見渡せたけど、逆光でうまく撮れず(残念)

行きのバスで車酔い

奈良へは日帰りのバスツアーで行った。バスは山の中の高速道路を何度もくねくねとカーブする。そのたびに体が右に左に揺られ、だんだん気持ち悪くなって戻してしまった。

嘔吐と同時にひどい下痢になり、奈良県庁近くのバスターミナルに着いた頃には、おなかの中は空っぽ。これから山道なんて歩けるのかという心配は、しかししなかった。というのも、実はこれと同じことを数年前に経験していたため。

そのときは御嶽山へ向かうバスで車酔いになったが、全く平気で山を登ることができた。ただ、支給された弁当には口を付けることができなかったけど。

※そのときのことを書いています。→「御嶽山

春日山原始林の遊歩道。紅葉は思ったほど多くなかった

心身が浄化されたよう

昨日も同じ。炊き込みご飯を握って持っていったが、食べるとすぐに逆流しそうで食べられなかった(糖分補給のためチョコレートと飴はなめましたが)。

普通なら全部出し切ったら憔悴して横にならずにいられなさそうなものなのに、空腹のまま4時間超も、しかも爽快な気分で山道を歩き続けられたのは、自然がもたらす力のおかげと思う。ましてやここは原始の森。古来からの力によって、心身が浄化され、リセットされた気分がします。

今朝の体重は今年一番の軽さ。体って正直です。

遊歩道の途中にある世界遺産の記念石碑。後ろの川に掛かる橋(左の赤い欄干)を渡って、滝を見に行きました

2019年12月1日(日曜)

〇体重 51.1 〇BMI 19.4 〇体脂肪率 28.3

■朝

コーンフレークと豆乳、野菜ジュース

■お八つ

一口チョコレート、飴

■夕飯

きのこの炊き込みご飯のおにぎり2個(シイタケ、マイタケ、エノキ、エリンギ)、吸い物(インスタント。ネギ)、ポテトサラダ(ジャガイモ、タマネギ、ニンジン、キュウリ、ゆで卵。ブロッコリー)、ゴボウとニンジンのきんぴら(すりゴマ)

※昼に食べられなかったおにぎりを夜に。梅干しを入れて塩を付けた手で握り、海苔でくるり。ハイキング用なので、塩分強めです。

2019年12月2日(月曜)

〇体重 49.8 〇BMI 18.9 〇体脂肪率 27.6

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

棒ラーメン(ネギ、メンマ、かまぼこ)、野菜炒め(タマネギ、ニンジン、シメジ、ほうれん草、魚肉ソーセージ、卵)、ミカン

■お八つ

コーヒー、飴。炊き込みご飯のおにぎり。ココア

■夕飯

ピザトースト(タマネギ、チリメン、チェダーチーズ)、オープンサンド(ポテトサラダ。ブロッコリー)、スープ(キャベツ、シイタケ、ピーマン)、ラ・フランス

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 放射線治療へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする