運転免許証、更新すべきか返納すべきか

40年近いペーパードライバー

運転免許証更新連絡書のはがきが届きました。更新するべきか、返納するべきか、揺れています。

そもそも私は免許証を取得してから片手で数えられるくらいしか運転していない年季の入ったペーパードライバー。もちろん車を持ったこともない。

40年近く免許証の更新を続けてきたのは、身分証明書(本人確認書類)の代わりになるから。そして、いつか運転したくなる、もしくは運転しなければならないときが来るかもしれないから。

しかし身分証明書でいえば、最近はマイナンバーカードが代わりになる。また、免許証の返納と同時に運転経歴証明書というのを取得すれば、身分証として使えるそうだ(そんなのがあったんですね)。

これから運転したくなる?

となると心配は、これから運転する(運転したくなる)機会があるかどうか。あるだろうか。ないんじゃないだろうか。このままいけばなさそうな気がするけど、どうなんだろう。

今は更新時の講習は座学だけだけど、70歳以上になると運転の実技が入ってくる。今のままでは受けても運転できないので、70歳以上になったら更新はしない(できない)と思う。

免許証を持ち続けられるのはこれからせいぜい10年間か。そう思ったら、更新してもいいかもしれないという気になってきた。

5年前、肺がん確定後に免許証更新

5年前(2015年7月)に更新したときは、こんなのんきではいられなかった。

気管支鏡検査を受けて肺腺がんが確定し、ステージ(病期)を調べるために造影MRI、PET/CT、造影CTという3つの検査を受ける直前だった。

Macは壊れるし、仕事にも追われて、しっちゃっかめっちゃかな日々のなか、この日しか空いていないという日に県の運転免許試験場(通称、平針=天白区の平針にあるため)へ出かけた。

検査の結果が悪かったら免許証なんて遠からず紙切れになってしまうかもしれない、などと思っていたはずだが、よく覚えていない。

試験場の駐車場は広く、車で来る人ばかりの中、私は地下鉄と市バスを乗り継いで向かった。公共交通機関を使う人はわずかで、バスの本数は少なかった。

炎天下でバスを待つ

とても暑い日で、講習が終わって新しい免許証を受け取りバス停へ向かうと、1時間に2本しか通っていない。次のバスが来るまで30分も待たなければならなかった。日傘を差していても、アスファルトの照り返しでサンダルを履いた素足がじきに熱を持った。

肺がんが進行していたらどうしよう。これからどれくらい生きられるんだろう。不安でしょうがないのに、有効期間5年の運転免許証の更新をしている自分のちぐはぐさを、そのときの私はどう思っていたのか。

思い出すのは、炎天下にゆるい坂道の歩道でバスを待っていたときのじりじりするような暑さ、車道を車が通り過ぎたあとのほこりっぽさ、アスファルトの隙間から伸びていた雑草のまぶしいような色とにおい。

ちなみに運転免許試験場は、令和3年春まで建て替え工事中で駐車場も閉鎖しているため、公共交通機関を利用するようアナウンスしている。調べたら市バスの本数はぐんと増えておりました。

2020年7月2日(木曜)

〇体重 51.1 〇BMI 19.4 〇体脂肪率 27.8

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ラーメン(モヤシ、ネギ、かまぼこ)、焼きもの(ズッキーニ、エリンギ、さつま揚げ)、ブロッコリー、プラム

蒸したてブロッコリーにマヨネーズ。うまし

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

天丼(雑穀入りご飯100グラム。かき揚げ、ネギ、卵)、味噌汁(サツマイモ、なす、シメジ、ネギ、ワカメ)、タコとキュウリ、ゴボウと人参のきんぴら(白ごま)

かき揚げ(タマネギ、人参、ちりめん)はこれで終了。また暑くない日に揚げなくては

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

コメント

  1. tonton より:

    私もちょうど免許更新の葉書が来ましたよ。そう言えばクロエさんも獅子座の女でしたっけ?
    真夏生まれの何がイヤって、こんな季節に免許の更新が来ること。
    最近の夏はコロナじゃなくても、家に篭りきりたい暑さなので、免許センターに行くのが憂鬱です。
    クロエさん、年季の入ったペーパードライバーなんですか?ではゴールドですね?(笑)
    でも5年前は肺がんの渦中で大変だったんですね。私も5年前ですが、肺がん発覚の少し前でした。
    いっぱい違反してた私は、見るからヤンキーのお兄さんたちと一緒に特別講習を受けさせられ大変だった記憶があります。

    • クロエサト より:

      >真夏生まれの何がイヤって、こんな季節に免許の更新が来ること。

      私も毎回はがきが届くたびに夏生まれであることを恨みます。tontonさん、考えることは同じですね(笑)。
      お店なんかでも誕生月に使える割引券をもらっても、暑くて行けない。行きたくない。誕生日前後3カ月間利用可とか、もうちょっと融通を利かせてもらえないものかといつも思っています。
      まあ、これは私が自転車ユーザーで汗っかきだからだと思うのですが。
      車だったら真夏でも外出は楽だと思うのですが、そうでもないのでしょうか。