もし自分がA子さんだったら-2

昨日の「もし自分がA子さんだったら」に、tontonさんがまた秀逸なコメントを寄せてくださったので、こちらで返事をします。

(tontonさんのコメント)

「B医師は婦人科医の前では『う〜ん』と、とぼけておいて、A子さんに放射線科に直接受診するようアドバイスすればよかったのに…」

これ、笑っちゃいました。

でも、もしかしたら、こっそりとこういうことをしている放射線科医がいるのかも。他科に知られたら問題になるため外に出てこないだけで、実際にはあるのかもしれない。B医師はそういう機転が利かなったので、こんなところ(このブログ)でこき下ろされているわけですが(笑)。

ただ、そんな頭の柔らかい、もしくは度胸のある医師ばかりではないと思うので(バレたらきっと大騒動!)、患者は放射線科で治療を受けたかったら、別の病院の放射線科に初診でかかったほうがいいですよね。

院内紹介でセカンドオピニオンを求めると、A子さんみたいに診療科の力関係に巻き込まれて不利益を被ることになるので。

A子さんは私でした

あれ? ここでようやく気付いた。A子さんのことを人ごとのように書いていたけど、A子さんって私そのものじゃないでしょうか。

A子さんは婦人科医(私は呼吸器内科医)から手術を勧められたが、「手術はイヤ、放射線治療を受けたい」と希望したところ、婦人科医はその場に放射線科医を呼び出して、放射線治療の対象ではないと否定させた。

私は何とか院内紹介で放射線科を受診できたものの、放射線科医から放射線治療より手術のほうがいいと、やはり放射線治療を否定された。A子さんと私は近藤誠医師にセカンドオピニオンを求め、ようやく放射線治療を受けることができた・・・。

大筋で似てますよね。

きっと私たちのように、焦り、迷い、助けを求めている患者ってたくさんいると思う。そういう人たちが、自らが望む治療を一刻も早く受けられることを、そのために必要なアクションを自発的に起こすことを、心から願わずにいられません。

2017年6月16日(金曜)

〇体重 49.3 〇BMI 18.7 〇体脂肪率 26.2

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

焼きそば(タマネギ、キャベツ、ピーマン、シメジ、イカ、目玉焼き)、味噌汁(ワカメ、シイタケ、油揚げ、ネギ)、冷や奴(ミョウガ、甘味噌)

※焼きそばは3玉買ったので、あと1玉あります。まだ続きます。

■お八つ

■夕飯

カレー炒飯(雑穀入りご飯100グラム、タマネギ、シメジ、魚肉ソーセージ)、エビワンタンスープ(ニラ)、サラダ(小豆、インゲン、カボチャ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする