喫煙者専用クラブ

一昨日6月25日の東洋経済オンラインに載った記事です。

50歳を過ぎてイヤイヤ禁煙する必要などない むしろ喫煙者専用クラブを作ったらどうか

今の時代、愛煙家は肩身が狭い。禁煙の圧力が強まってくるが、長年の喫煙習慣を改めるのは難しく、ストレスがたまるくらいなら吸い続けたほうがいい。しかし周囲(家族)はこんな理屈で禁煙を迫ってくる。曰く、

「病気になって余計な医療費がかかって、老後生活を圧迫する」「がん治療のための看病の苦労や莫大な治療費が大きな負担となる」「受動喫煙で被害が、他人や家族に及ぶ。それこそが重大な問題だ」

しかしこれらは家族の「自分の都合」ではないか、と筆者はいう。

でも、医療費って自己負担の3割だけでしょ。残りの7割は国の負担なんだけど。お金のことに限れば、がん保険に入っていれば自己負担ゼロどころかお釣りが来ることだってある。

周囲に禁煙しろと言われるのが業腹で、意地で吸い続けた末、がんになったら、あとは国におんぶに抱っこというのは虫が良すぎるのではないでしょうか。

タバコ一箱5000円

「とにかく、中途半端がいけない。」というのは同感。

筆者が書いているように、タバコは一箱5000円に値上げする。

さらに、外では(素敵な)喫煙者専用クラブでしか吸ってはいけない。ほかの場所で吸ったら罰金10万円。クラブを出るときには10分間の歯磨きとエアーシャワーを義務付ける(口臭と衣類に付いたニオイを外に出さないため。できれば髪に付いたニオイを取るためにシャンプーもしてほしい)。タバコが原因で病気になったら保険適用を認めない(10割負担)。

これぐらいやってほしいものです(今日、東京都の受動喫煙防止条例が成立したが、もっと厳しくてもいいんじゃないかと思う)。

2018年6月27日(水曜)

〇体重 50.3 〇BMI 19.0 〇体脂肪率 27.1

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

チャンポン(タマネギ、ニンジン、小松菜、シメジ、ピーマン、厚揚げ、イカ)、ブロッコリーとカニカマの甘酢和え

※昨日に続いてチャンポン。賞味期限が切れていたので、早く消費せねばと。

■お八つ

コーヒー、飴、グレープフルーツジュース

■夕飯

雑穀入りご飯(100グラム)、ワンタンスープ(エリンギ、オクラ)、マーボー豆腐(豆腐、タケノコ、エビ、ネギ)、根菜の煮物(ゴボウ、人参、タケノコ、コンニャク、さつま揚げ、昆布)、レンジ卵(ブロッコリー)

※マーボー豆腐、いつもは最後にゴマ油を回しかけていますが、今日はラー油をたらしてみました(撮影後)。か、辛い・・・。気温も高いせいで汗ダラダラ。さらに食べすぎて苦しい・・・。

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする