がんの定期検診が1年後に延びたら

今日ネットで見かけた記事です。→「1年程度の延期に患者から不安の声!「コロナ医療とがん治療の両立」医師のジレンマ」(AERAdot. 5月19日)

何が1年延期になるの? まさか手術? と思ったら違っていました。「不急の治療」や「定期的な経過観察などの不急の検査」だそうです。

がんで優先されるべきは、まず検査(組織の分類を調べ、治療方法を決定する)、それから治療。

検査で腫瘍があるのが確定したのに治療は1年後というのは、その間にがんが大きくなってしまわないかと気が気じゃないと思います。「不急の治療」というのは、すぐに治療しなくて様子を見ましょうという前立腺がんの監視療法みたいなものでしょうか。

治療や検査が1年後になったら

「経過観察」は、がんの治療後、転移や再発をしていないかを定期的に調べる。通常5年間で、治療直後は1カ月ごと、状態や検査の数値が安定してきたら3カ月ごと、6カ月ごと、1年ごとと検査の間隔が長くなる。

記事にある「定期的な経過観察などの不急の検査」というのは、3カ月とか6カ月ごとになってきた頃のことか。私は今3カ月ごとに定期検診を受けているが、これが新型コロナの影響で、次の検査は1年後と言われたら、やっぱり不安になる。

次の受診の前に病院に確認したほうがいいのだろうか。記事によると、定期検診を延期してほしい場合は病院から連絡があるようだし、新型コロナが今後どんな状況になるか分からないので、様子を見たいと思います(医療従事者の仕事の大変さを全く思いやることなく、患者目線で勝手なことばっかり書いていてすみません)。

2020年5月19日(火曜)

〇体重 51.4 〇BMI 19.5 〇体脂肪率 28.1

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

サンドイッチ(8枚切り食パン2枚。ゆで卵、キュウリ)、ミネストローネ(タマネギ、人参、ジャガイモ、ズッキーニ、カボチャ、水煮大豆、トマト缶、野菜ジュース)、サラダ(カリフラワー、スナップエンドウ、パプリカ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)、甘夏、紅茶

ミネストローネはたくさん作ったので、しばらく食べ続けます

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、カレー鍋(タマネギ、人参、シメジ、エリンギ、ピーマン、ネギ、サヤエンドウ、竹輪、豆腐半丁)、ブドウ

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする