2021年1月のまとめ

体(体重と体脂肪率)は正直

下は、ここ8年間(2013〜2020年)の体重と体脂肪率の年間平均値です。

体重と体脂肪率ががくんと下がっている2015年は、肺がんと診断された年。そして体重だけが下がっている2017年は、リンパ節転移が分かった年。

体って正直だなと改めて思います。最近は数字が目に見えて下がっていない分、きっとがんからは遠ざかっているはずという安心材料になっています。

じわじわと上がっているのは、別の意味で不安になりますが。

体重、体脂肪率

■体重と体脂肪率の平均

  •    体重(㌔) 体脂肪率(%)
  • 1月   51.1    28.4

(参考)   体重(㌔) 体脂肪率(%)

  • 2020年平均   51.3    28.1
  • 2019年平均   51.1    27.8
  • 2018年平均   50.5    27.2
  • 2017年平均   49.0    25.6
  • 2016年平均   49.5    24.9
  • 2015年平均   48.2    23.2
  • 2014年平均   51.6    27.3
  • 2013年平均   53.6    31.2

今日1月31日の体組成計の数字。

  • 体重 51.3キログラム
  • BMI 19.4(18.5以上25未満が普通)
  • 体脂肪率 28.6%(−標準)
  • 筋肉量 34.6キログラム(少ない)
  • 内臓脂肪レベル 4.5(9.5以下が標準)
  • 基礎代謝量 1048カロリー(標準)
  • 体内年齢 50歳

いつも思うけど、筋肉を増やしたい。特に冬になると、筋肉が増えれば冷え性も少しは改善されるのに、と毎年思うのでした。

食費

食費にはアルコールを含みます(外食は除きます)。

■食費合計額(円)

  •     合計 (食費 括弧内は1日あたり) (アルコール)
  • 1月  25,083    23,415(755)      1,668
  • (参考)
  • 2020年1月     24,950    24,950(804)        0
  • 2019年1月     14,935    14,935(481)      0
  • 2018年1月     18,130    17,351(560)     779
  • 2017年1月     21,418    19,886(641)    1,532

今月は結構高くなりました。

まとめ買いをしたのは、オリーブオイル2リットルが2本、パスタのレトルトソースが10袋、野菜ジュース16本、干し椎茸2袋、トマト缶5つ、醤油4本、緑茶と玄米茶の茶葉、ココア、だしを各2袋ずつなど。

これだけ買っていれば、きっと来月以降の食費は下がるはず(と期待)。

2021年1月31日(日曜)

〇体重 51.3 〇BMI 19.4 〇体脂肪率 28.6

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

チヂミ(小麦粉、片栗粉、ニラ、タマネギ、ニンジン、アサリ)、スープ(ニンジン、エノキダケ、ネギ)、サラダ(ブロッコリー、金時豆、パプリカ、くるみ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)

チヂミはちょっと多過ぎた。また分量を変えてトライしてみます

■お八つ

コーヒー、飴。抹茶、クッキー

■夕飯

雑煮(切り餅2個。干し椎茸、エノキ、小松菜、かまぼこ)、根菜の煮物(ゴボウ、レンコン、人参、コンニャク、丸天、昆布。ゆで卵)、ゴボウの昆布巻き、はっさく

夕方ちょっと重だるくなってきたので、夕食は簡単に

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする