天津飯-2 ケチャップの甘酢あん

天津飯のあんは、たいてい中華だしとオイスターソースで味を付けているのだけど、何日も続くとさすがに飽きます。

ちょっと疲れ気味のせいか、たまには甘いあんが食べたい! ということで挑戦したのが、ケチャップ味の甘酸っぱいあん。

何を入れればいいのかと思ったけど、基本は中華だしとケチャップ、酢、砂糖でいいはず。あれ? これって酢豚と同じ。

味を見ながら調味料を加えていって、片栗粉を入れて火にかけ、ゆっくりかき混ぜてとろみを付けていく。

これを焼き上がった卵焼きの上にかけて完成。

小さな変化であっても、料理のバリエーションが増えるのは嬉しいもの。

この先あと何食、食べられるか分からないけど、できるだけ好きなものだけ食べられるといい。

2017年8月20日(日曜)

〇体重 49.0 〇BMI 18.6 〇体脂肪率 25.5

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ざる蕎麦(乾麺80グラム。オクラ、海苔)、シイタケとちりめんのアヒージョ(マジックガーリックソルト、ニンニクオイル)、厚揚げとピーマンのソテー(甘味噌)、セロリの甘酢漬け

■お八つ

バナナ

■夕飯

天津飯(雑穀入りご飯100グラム。卵2個、エビ、タケノコ、ネギ)、フカヒレスープ(タケノコ、エリンギ、小松菜、卵)、サツマイモのレモン煮

※天津飯の具材のタネはこれで終了。スープは昨日の残り。キッチンに立って悩まなくてすむのは、ホントにありがたい。

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする