肺がんの闘病生活をYouTubeで発信

32歳の肺がんYouTuber

昨日ネットにアップされていた記事です。→「「遺伝性と考えられるものは5%程度」…がん患者にまつわる偏見・誤解、古いままの情報…サバイバーたちがYouTubeで始めた情報発信」(ABEMA TIMES 7月8日)

最初に登場しているのは、肺がんと診断された32歳の女性。自身の闘病生活をYouTubeで発信しているそうで、これだけでも思いがけなかったが、記事にはさらに「YouTubeでがんについて調べていくうちに」とあって驚いた。

がんの情報をYouTubeで探す人がいるとは。

私は本か、ネットだったら文字ベースのサイトでしか検索したことがない。動画から情報を見つけるという発想がなかったので、がん情報へのアプローチの方法が多様化していることに驚いたわけです(自分がどんどん時代から取り残されていることにも)。

AYA世代のつながり

彼女は、がんについて調べるうちにAYA世代(15〜39歳)のがん患者が少ないため、自らのがん闘病を発信することにしたとある。30代のがん患者のブログは結構あると思うが、今すぐ情報を必要としている人にとって、最短距離でコンタクトするのは難しいのかもしれません。

がんは老人病というだけあって、確かに高齢者がかかりやすい。肉体(臓器)も長年使っていれば古びてガタが来るだろうから、高齢者のがんは自然現象という気もする。

しかし、子どもや若い世代ががんと診断されたら、なかなか受け入れがたいことでしょう。そんな若い世代が横につながろうとするとき、動画は文字なんかより何倍もその距離感を縮めてくれそうです。

今後、がんの情報は、文字ベースのものが減少し、動画の比重が大きくなっていくかもしれません。

2021年7月9日(金曜)

〇体重 51.6 〇BMI 19.5 〇体脂肪率 27.7

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

冷やしきしめん(乾麺80グラム。干しシイタケ、ミョウガ、インゲン、カニカマ)、アヒージョ(シイタケ、シメジ、ちりめん。ガーリックオイル)、トウモロコシ

ミョウガの苦味が好き

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、味噌汁(ワカメ、シメジ、カボチャ、油揚げ)、サバのショウガ醤油焼き(ズッキーニ)、ゴボウとニンジンのきんぴら(クルミ)、納豆(卵、ネギ)

納豆は小粒が好みです

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする