肺がんと血液型の関係

非小細胞肺がんは予後リスクが高くなる

肺がんと血液型に関する興味深い見出しが目に留まりました。少し前の記事です。→「血液型は肺がんの予後に影響する 発症リスクとは無関係だが…」(日刊ゲンダイヘルスケア+ 6月16日)

がんと血液型に関係なんかあるの? と思ったら、がんの種類によっては関係するそうです。発症リスクでいえば、胃がんと膵臓がん。じゃあ肺がんはどうかというと、発症リスクには影響ないが、予後リスク(死亡リスク)に関係があるという。

肺がんはざっくりと、非小細胞肺がん(腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん)、小細胞肺がんに分けられますが、血液型に関係するのは非小細胞肺がんだそうだ。

A型・AB型は、B型・O型よりハイリスク

具体的には、非小細胞肺がん患者のA型とAB型は予後リスクが高く、B型とO型は低いという。2015年の名古屋大学の調査でも、A型とAB型はB型とO型に比べ、5年生存率に差が見られたそうです。

私は肺腺がんのB型なので、予後リスクはあるものの、A型・AB型ほど高くはないということでしょうか。

全てのがんリスクが一番高いのはA型

この記事を書いている永田宏長浜バイオ大学コンピュータバイオサイエンス学科教授は、日刊ゲンダイヘルスケア+で血液型と病気の関係について連載しています。

バックナンバーの「「全がんリスク」が高い血液型は? メタアナリシス解析で判明」(6月23日)によると、がんリスクが一番高いのはA型。血液型の割合は国によって異なるので、日本のようにA型が一番多い国はがん患者の割合も高いということになるんでしょうか。

2022年9月5日(月曜)

〇体重 49.6 〇BMI 18.8 〇体脂肪率 26.8

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ジャガイモのガレット(目玉焼き)、ガスパチョ(トマト、タマネギ、キュウリ、パプリカ、ピーマン、ニンニク、バゲット、白ワインビネガー、オリーブオイル、塩)、サラダ(キュウリ、金時豆、パプリカ、カマンベールチーズ、クルミ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)、キウイ

目玉焼きに火を通しすぎて半熟にならず

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

サーモンの漬け丼(酢飯100グラム。貝割れ菜、サーモン)、味噌汁(ワカメ、ナス、マイタケ、小松菜)、卯の花(おから、タマネギ、ニンジン、干しシイタケ、シメジ、ネギ)、枝豆、キウイ

サーモンは濃口醤油とワサビに漬けました

2022年9月6日(火曜)

〇体重 49.0 〇BMI 18.6 〇体脂肪率 26.4

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ざるそば(乾麺80グラム。海苔、ネギ)、卯の花、枝豆、イチジク

お昼は晴れていましたが、今日は台風11号の影響で断続的に雨が降り、風も強かった。急激に天気が変わります

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

サーモンの漬け丼(酢飯、キュウリ、サーモン)、味噌汁(ワカメ、ナス、マイタケ、カボチャ)、ニラの卵焼き、ゴボウとニンジンのきんぴら(ゴマ、クルミ)、イチジク

サーモン、今日は白醤油で漬けてみました

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする