保険適用から1年、光免疫療法の今

昨日の中日新聞朝刊に、光免疫療法の現状が載っていました。→「頭頸部がん 保険適用1年「光免疫療法」手探り続く 患者ら期待 副作用検証を」(東京新聞 2月15日)。

光免疫療法は、手術や抗がん剤のように患者の体に負担をかけることのない画期的ながん治療法として登場。2020年11月に保険適用となり、2021年1月に国内で初めて治療が行われました。

※1例目の患者を取材したテレビ番組を紹介しています。→「ヒノトリと光免疫療法、ついに国内で初治療

光免疫療法の治療対象は現在、再発した頭頸部がんだけですが、効果が見込めれば他のがんにも適用されるはず。ずっと経過が気になっていました。

副作用なしとはいかなかった(残念)

しかし、記事を読むと全く副作用がないとはいかなかった。がんが縮小、消失した患者もいれば、喉の腫れや痛み、気道閉塞、さらには腫瘍が増大したケースもあるそうだ。

治療が始まって間もないため、薬や光の量が手探り状態のためらしい。

抗がん剤も放射線治療も、どの量だったら効果があるのか、長い年月(と、良く言えば患者の献身)をかけて検証されてきた。早く肺がんにも適用を、との願いは変わらないけれど、まずは治療を受けた頭頸部がんの患者さんが副作用に苦しむことのないよう、そして腫瘍が消えますように。

※光免疫療法と治療を受けられる施設。→楽天メディカルアキャルックス

2022年2月15日(火曜)

〇体重 50.6 〇BMI 19.2 〇体脂肪率 27.8

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

雑穀入りご飯100グラム、カレー鍋(タマネギ、ニンジン、サツマイモ、シメジ、エノキダケ、小松菜、かまぼこ、イカ、豆腐半丁)、サラダ(フリルレタス、ラディッシュ、アボカド)、伊予柑
豆腐は絹ごしです。ふるふるの豆腐が好きで

■お八つ

コーヒー、飴。コーンフレーク+クルミ

■夕飯

雑穀入りご飯、味噌汁(ワカメ、切り干し大根、エノキダケ、小松菜、卵)、生ガキ(キュウリ)、ゴボウとニンジンのきんぴら(ごま)、カボチャサラダ(タマネギ)、伊予柑

生ガキ、今シーズンお初です

2022年2月16日(水曜)

〇体重 50.4 〇BMI 19.1 〇体脂肪率 27.9

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

味噌煮込みうどん(ネギ、シイタケ、かまぼこ、卵)、生がき(キュウリ)、カボチャサラダ(フリルレタス)、伊予柑

今日は午後、小雪の舞う寒さでした。味噌煮込みがいっそうおいしく感じられます

■お八つ

コーヒー、飴。コーンフレーク+クルミ

■夕飯

雑穀入りご飯、吸い物(ワカメ、ニンジン、エノキダケ、ネギ)、サバの生姜醤油焼き(ピーマン)、根菜の煮物(ゴボウ、レンコン、ニンジン、コンニャク、生姜天、昆布)、アボカドとカマンベールチーズ、伊予柑

また煮物を大量に作りました。しばらく食べ続けます

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする