ポテトグラタン2—ヤンソンさんの誘惑

今朝の体重は今年一番少なかった(50.1キロ)。

一昨日、昨日と歩き回って運動量が多かったせいか、そのために疲れきって、ご飯を簡単にすませたせいでしょうか。

昨日(27日)のお昼は冷凍しておいたポテトグラタンを温めた。これは栗原はるみのレシピで、ホワイトソース不要で簡単に作れるのが気に入って、何度もリピートしている。

これを食べたくなったのは、前日(26日)の夜、たまたまテレビを付けたらやっていたNHK「世界はほしいモノにあふれてる」で、似たような料理を紹介していたため。

スウェーデン版ポテトグラタン

スウェーデンの料理で「ヤンソンさんの誘惑」という。大きな耐熱容器の底に細長く切ったジャガイモを敷き、炒めたタマネギを重ねる。アンチョビを載せ、生クリームと牛乳をかけ、パン粉を載せてオーブンで1時間焼く。

ちなみに「ヤンソンさんの誘惑」というのは、一説によると宗教家で菜食主義者のヤンソンさんが、食べずにいられなかったほど魅力的な料理ということで名付けられたそうだ(アンチョビはカタクチイワシなので、ベジタリアンには禁忌)。

スタジオでも再現していたが、司会の三浦春馬もJUJUも大絶賛していた。

栗原はるみ版ポテトグラタン

一方、栗原版は、ジャガイモは事前にレンジで加熱しておく、タマネギではなく長ネギ、パン粉は使わずチーズを載せる、と幾つかの違いはあるが、味付けはアンチョビだけ、生クリームはそのまま回しかけるなど、大まかではほぼ同じ。そして、大絶賛したくなるほどおいしいのも同じ。

栗原はるみはヤンソンさんの誘惑を知っていたのか。あるいは、おいしい料理というのはどの国でも似通っているものなのか。素材と調味料と料理法が大体同じなら、人間の味覚というのは世界共通でおいしいと感じるものなのでしょうか。

→以前、キャセロールで作った「ポテトグラタン」について書いています。

2019年9月27日(金曜)

〇体重 50.8 〇BMI 19.2 〇体脂肪率 28.1

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

カンパーニュ(リンゴジャム。フリルレタス、パプリカ)、ポテトグラタン(ジャガイモ、ネギ、アンチョビ、ホイップクリーム、モッツァレラチーズとゴーダチーズ)、ポタージュスープ(インスタント)

■夕飯

カレーライス(雑穀入りご飯100グラム。レトルトカレー。ナス、オクラ)、根菜の煮物(ゴボウ、人参、タケノコ、コンニャク、練り物、昆布)、レンジ卵(ブロッコリー)、キュウリと柿(甘酢)

2019年9月28日(土曜)

〇体重 50.1 〇BMI 19.0 〇体脂肪率 27.7

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ナポリタンスパゲティ(乾麺70グラム。タマネギ、ピーマン、レトルトのアラビアータソース)、サラダ(ベビーリーフ、ゆで小豆、ちりめん、アボカド、カマンベールチーズ、パプリカ、オリーブ。岩塩、ブラックペッパー、オリーブオイル、バルサミコビネガー)

■お八つ

コーヒー、スコーンとリンゴジャム、飴

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、味噌汁(シイタケ、エノキダケ、豆腐、ネギ)、魚のハンバーグ(ベビーリーフ、目玉焼き)、根菜の煮物(ゴボウ、人参、タケノコ、コンニャク、練り物、昆布)、梅干し、海苔

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 放射線治療へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする