夏野菜のカレー鍋

以前は6リットルの圧力鍋いっぱいにカレーを作り、何日もかけて食べていましたが、50を超えるとさすがに毎食カレーはきつい(同じ味で飽きてくるし、加齢で新陳代謝が落ちてくるので太ってくるし)。

そこでしばらく前から、1食分ずつカレー鍋を作るようになりました。野菜は小さく切ってあまり煮込まないせいか、汁は結構さらさらしている。もしかしたらスープカレーに近いかもしれない(スープカレーほど野菜は大きくないけど)。

だしと醤油、みりんを少量入れているので、ちょっと和風テイストです。普通の鍋料理のように豆腐を入れたり、寒い時期だったらサツマイモや長芋を入れたりしますが、違和感がない。

このままご飯のおかずにしたり、ゆであげのうどんにかけてカレーうどんにしています。

さすがカレーって許容範囲が広い。どんな食材も受け入れてくれます。

ナス、ズッキーニ、トマト、オクラなどを使って

今日のお昼は夏野菜を使ったカレー鍋にしてみました。

<レシピ>

1. タマネギは薄切り、人参は細切り、なす、ズッキーニは半月切り、オクラはぶつ切り、シメジは石づきを取って小房に分けておく。竹輪は細切り、イカは食べやすく切っておく。

2. 片手鍋に水300ccを入れて火にかける。野菜や魚介類は炒めずに鍋に投入。

3. 煮えてきたら、粉末だし、醤油、みりん、カレールウ(1個半)を入れる。ルウが溶けたらできあがり。

野菜は、トマトやカボチャ、パプリカ、ピーマンなんかを入れてもいいと思う。魚介類はエビやホタテ、タコなど、キノコも冷蔵庫にあるものを入れます(6月30日にトマトを入れたカレー鍋を作っています)。

2020年7月27日(月曜)

〇体重 51.1 〇BMI 19.4 〇体脂肪率 27.7

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

雑穀入りご飯100グラム、夏野菜のカレー鍋(タマネギ、人参、シメジ、なす、ズッキーニ、オクラ、竹輪、イカ、ブロッコリー)、サラダ(パプリカ、紅絞り豆、ブロッコリー。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

天ぷらうどん(乾麺80グラム。かき揚げ、ワカメ、ネギ、かまぼこ)、大根とコンニャクの煮物、キムチ納豆、トウモロコシ

※かき揚げ(タマネギ、人参、ちりめん)は昨日余分に揚げておいたもの。あと2枚あります

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

コメント

  1. tonton より:

    こちらを見て、昨夜は我が家もカレーにしました。
    最近の私のカレーはスパイスをたくさん使い、ココナツミルクやカシューナッツの粉入れたりと、エスニック系だったのですが、久しぶりに市販のカレールーで、(クロエさんをマネして)ちょっと白だし入れて和風にしてみたら、すごくご飯に合うので食べすぎました(笑)
    カレーは懐が深くて、本当に何でも合いますよね。
    冬には大根を入れますが、夏はトマトはもちろん、夏野菜もいろいろ合うし、毎日カレーを食べてたら、懐の深い人間になれるかも!?(笑)

    • クロエサト より:

      冬には大根! 初耳です。寒くなったら試してみよう(笑)。
      カレー、普段は本格的に作っていらっしゃるんですね。
      私も以前、スパイスをいろいろと買い込んで(クミン(パウダーとシード)とかターメリック、コリアンダー、カイエンペッパー、シナモン、ローリエなんかも)作っていましたが、どうやってもインド料理店のような味にならなくて、市販のルーに戻ってきました。

      >カレーは懐が深くて、本当に何でも合いますよね。

      ほんとに包容力があります。私もせいぜいカレーを食べて、大らかな人間になりたいと思います(笑)。