エビとアボカドのキッシュ

以前お店で食べたエビとアボカドのキッシュがおいしかったので、自分でも作ってみました。

キッシュ型は持っていないため、ケーキの型で代用することに。お店のように高さのある型で焼きたかったので、中型のパウンド型を使いました。型のサイズは縦19.5×横9.5×高さ5.5㎝(持ち手は含まず)。

パウンド型でキッシュ

<材料>

・冷凍パイシート 長方形2枚(正方形なら1枚)

・アボカド 1個(角切り)

・エビ 6〜8尾

・タマネギ 1/4個(薄切り)

・卵 2個

・ホイップクリーム(もちろん生クリームでもOK) 100cc

・とろけるチーズ 50グラム

<作り方>

1. パウンド型の内側にオリーブオイルを塗っておく。

2. 冷凍庫から出したパイシートが少し柔らかくなったら、麺棒で伸ばす。私は長方形2枚をつなげて正方形にし、伸ばしました。型に敷いて、はみ出た部分は切り取る(切れ端でおやつ用にパイを焼きました)。フォークで穴を開け、冷蔵庫へ入れて冷やしておく。

3. エビとタマネギを炒めて、塩コショウする。

4. ボールに卵、ホイップクリームを入れて混ぜる。チーズを入れてさらに混ぜる。そこへ、炒めたエビとタマネギ、アボカドを加えて混ぜ合わせる。

5. 冷蔵庫から出したパウンド型に4.を流し入れる。200度のオーブンで30〜50分焼く。

厚みがあるため焼き上がりまでに時間がかかる

<反省点>

・焼き時間が予想以上に長くかかった。始めに30分焼いて取りだしたら中が生焼けだったので、またオーブンに戻した。追加で余熱プラス5分焼いたけど、まだ水分が出るため、さらに2回焼き直した。型が四角いので中まで火が通りにくいせいだと思う。最後は焦げるのを防ぐために、クッキングシート(パイを焼くのに使った)を被せました。

最初に30分焼いて取りだしたところ。中心部はまだ固まっておらず液状(とろとろ)。

高さはこれくらい。この後、焼き直したら真ん中が盛り上がってきた。

・次はもっと浅い型で焼きたいと思います。たまに作っているポテトグラタンも、キャセロール(1個)で焼くと時間がかかるため、浅いパイ皿(4枚)に変えたのでした(ほんとに時間短縮になる)。

・パイシートは長方形を2枚つなげて使ったけど、1枚を伸ばしても良かったのだろうか(疑問)。

・次はいろんな具材を試してみたいと思います(ほうれん草とかキノコとか)。

・味は申し分なし。エビもアボカドも味の主張は感じないけれど、全体が調和して絶妙の味わいです(自分好み)。

2021年4月15日(木曜)

〇体重 50.9 〇BMI 19.3 〇体脂肪率 28.3

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

バタール(トースト)、ポタージュ(インスタント)、キッシュ(ラディッシュ)、サラダ(フリルレタス、タマネギ、ニンジン、金時豆、ちりめん、ブドウ、くるみ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)

キッシュはこれで焼き上がりの1/3。食べ応えがあります。残りはまた温めていただきます

■お八つ

コーヒー、飴。パイ(ブルーベリージャム)

※型からはみ出たパイシートにジャムをはさんで焼きました。

■夕飯

山菜そば(乾麺80グラム。干しシイタケ、ワカメ、山菜、ネギ、かまぼこ)、大根の煮物(コンニャク、厚揚げ、ちくわ)、ゴボウとニンジンのきんぴら(ごま)、キムチ納豆(ネギ)、甘夏

お昼がこってりしていたので、あっさりしたものが食べたくて。満足

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする