肺がんの5年・10年生存率(組織型別)

経過観察が10年必要なのは、肝臓がん、前立腺がん、乳がん

今日、ネットに上がっておりました。→「5年では不足、「10年生存率」が必要なタイプのがんもある(中川恵一)」(日刊ゲンダイヘルスケア+ 6月5日)

がん患者は、治療後にがんが転移も再発もせず5年間生き延びることを一つの目安としているのに、その目標を打ち砕くようなタイトルであります。

じゃあ寛解したと見なされる時期が5年じゃなく10年に延びたのはどのがんかというと、肝臓がん、前立腺がん、乳がん。逆に5年で経過観察を終わらせてもいいのは、胃がんと大腸がん。

肺がんについての言及はありません。肺がんはどっちになるのでしょう。ということで、勝手に表を作ってみました。

肺がんの5年・10年生存率(%)

元データは、国立がん研究センター「がん診療連携拠点病院等 院内がん登録生存率集計結果閲覧システム初公開 2007・08年 10年生存率(初)、2012・2012-13年 5年生存率、2014・2015年 3年生存率集計公表」(4月27日)

肺がんの経過観察は5年でも大丈夫?

非小細胞肺がん(腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん)と小細胞肺がんで分けるデータは初めて見ました。肺がんと一口に言っても、確かに小細胞肺がんは他の3つとは治療方針も異なります。タイプが異なる分、生存率にも違いが出るようです。

さて、肺がんの10年生存率は5年生存率に比べて、それほど落ち込みが大きくない(肝臓がんの生存率が5年から10年で半減するのに比べたら)。とはいえ、それで何か安心できるというわけではありませんが。

がんの30年生存率があったら

この生存率、5年とか10年じゃなくて、30年とか40年とかで出したらどうなるんでしょう。

もともとがんは老人病というくらいだから、一般的に高齢者が多く罹患する。でも高齢者は複数の病気を抱えていることが多いから、がんで命を落とす前に、別の病気や事故で寿命が尽きることも多いはず。

がんサバイバーをもう何年もやっているせいか、5年や10年の生存率の数字は、もちろん無視はできないけれど、あんまり考えてもしょうがない気もします。

※以前書いた記事。ずっと同じようなことを考えているようです。→「余命3カ月、余命30年

5日のお昼のサラダです。期せずしてテーブルクロスと同じ色合い。かはゆし

2021年6月4日(金曜)

〇体重 51.2 〇BMI 19.4 〇体脂肪率 28.2

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

きしめん(乾麺80グラム。干しシイタケ、ワカメ、ほうれん草、かまぼこ)、アヒージョ(シメジ、ブロッコリー、ちりめん。ニンニクオイル)、キムチ納豆(ネギ)、甘夏

今期の甘夏はこれで終わりかも(値段が上がって手が出せなくなってきた)

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

チヂミ(小麦粉55グラム、片栗粉10グラム。ニラ1/2把、ニンジン、アサリのむき身50グラム。酢醤油、ラー油、ごま)、味噌汁(カボチャ、ズッキーニ、マイタケ、卵)、冷や奴(ネギ、ミョウガ)、ゴボウとニンジンのきんぴら(ごま)

お昼も夜も小麦粉。あんまり良くないけど、どうしてもチヂミが食べたくなって

2021年6月5日(土曜)

〇体重 51.3 〇BMI 19.4 〇体脂肪率 28.5

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

スパゲティ・ボンゴレロッソ(乾麺70グラム。ガーリックオイル)、ミネストローネ(タマネギ、ニンジン、カボチャ、カットトマト、大豆)、サラダ(ズッキーニ、ラディッシュ、金時豆、ちりめん、ゆで卵、クルミ、オリーブ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)

ミネストローネはこれで終了。最後かなり煮詰まってしまったので、野菜ジュースを足しました

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

天丼(ご飯100グラム。かき揚げ、ネギ、卵)、味噌汁(ニンジン、カボチャ、ワカメ、シメジ)、冷や奴(ミョウガ、ネギ)、ほうれん草のおひたし(かつお節削り)、バナナ

かき揚げ(タマネギ、ニンジン、ちりめん)は以前揚げて冷凍しておいたもの

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

コメント

  1. tonton より:

    乳がんや前立腺がんなど、ホルモンの関係しているガンは長いこと再発の可能性があるようですね。不安なのは、肺がんも女性の腺ガンは原因として女性ホルモンが関係してると言われてます。ということは、肺腺がんはやはり5年で放免とは言い切れないのかもしれません。逆にタバコが原因の肺がんは5年で大丈夫なのかも?
    東大でガンのウィルス療法は承認されましたね。これも免疫療法の一種で、免疫にガンの存在を知らせて働かせ、かなり有望な様です。まともな免疫療法が次々開発されるのは心強い限りです。(ただ散々他の治療で患者を弱らせてから最後の手段に使うのでなく、免疫が元気なうちに使ってくれるのか、そこが心配です)

    サラダとテーブルクロス、ほんとに初夏の食卓ってイメージです。爽やか〜♪

    • クロエサト より:

      tontonさん、こんばんは。

      >ホルモンの関係しているガンは長いこと再発の可能性がある

      そうなんですか。とすると、甲状腺なんかも再発しやすいんでしょうか。

      >肺がんも女性の腺ガンは原因として女性ホルモンが関係してる

      以前、非喫煙者の女性が肺腺がんになりやすいのは「アジア人女性にはEGFR遺伝子変異が多いため」と読んだことがありますが、どちらにしろ「女性だから」というのは嫌ですね。

      東大のウイルス療法も知りませんでした。
      何か今回、知らないことばかり教えていただき、ありがとうございます。自分の知っていることって、ほんと偏っているなとあきれるばかりです。

      サラダ、ちりめんが入っていますがいいでしょうか(笑)。