医師が発信「この薬と手術はやめたほうがいい」

昨日ネットで目に付いた記事です。→「病院長4人が実名で教える、病気になっても「のまない5つの薬」と「受けない4つの手術」」(週刊女性PRIME 8月28日)

こういう見出しを見ると、肺がんも入っているのかなと確かめずにいられないのが、肺がんサバイバーのさが。でも、今回は何にも引っかからず安心しました。

ちなみに、記事で服用しないほうがいい薬として挙げられているのは、抗生物質、風邪薬、睡眠薬、コレステロールの薬、糖尿病の薬。

受けないほうがいい手術は、食道がん、膵臓がん、心臓弁膜症、難聴だそうです。

近藤誠医師の主張と重なる

それにしても、「手術は人工的な大けが」とか「外科医は手術を勧めるため、セカンドオピニオンは内科医に聞くべき」とか「日本人は総コレステロール値が高いほうが長生きする。基準値を低く設定しているのは、患者を増やして薬品業界を潤すため」とか「食道がんの中村勘三郎は手術を受けるべきではなかった(放射線治療なら治療成績は同程度)」とか、近藤誠医師が生前、繰り返し言っていたことばかりです。

取材(座談会?)がいつ行われたのか分かりませんが、登場した病院長たちは、以前から近藤医師と同じような主張をしていたのでしょうか(私が知らなかっただけで)。

近藤医師の急逝で、日本の医療界はどうなっちゃうんだろうと危ぶんでいたのですが、この記事で医療界の常識に一石を投じる存在はまだまだ多いことを知って、心強く思ったのでした。これからも患者が医療のせいで危ない目に遭わないよう、役立つ情報をどんどん発信していってほしいものです。

2022年8月28日(日曜)

〇体重 49.4 〇BMI 18.7 〇体脂肪率 26.1

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

カレーライス、サラダ(金時豆、キュウリ、ミニトマト、クルミ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)、カボチャサラダ(タマネギ)、タイガーメロン

午前中買い物に行ったら疲れてしまったので、簡単にレトルトカレーをば

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、ニラ玉の吸い物、サンマの干物、キムチ納豆(ネギ)、ピリ辛コンニャク、枝豆

今年もサンマは不漁で高そうです(だから干物しか食べられそうにない)

2022年8月29日(月曜)

〇体重 49.1 〇BMI 18.6 〇体脂肪率 26.6

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

冷やしうどん(乾麺80グラム。干しシイタケ、貝割れ菜、カニカマ、ショウガ)、シメジとちりめんのアヒージョ(ニンニクオイル)、冷や奴(塩昆布、梅干し、ネギ)、カボチャサラダ(タマネギ)、タイガーメロン

一昨日から、朝夕は秋の気配。風が涼しく感じられます。でも昼間はまだ夏なので、冷たい麺がまだまだおいしい

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

雑穀入りご飯、カレー鍋(タマネギ、ニンジン、カボチャ、シメジ、ナス、小松菜、チクワ、イカ)、キュウリとカニカマ(甘酢和え)

昨日のお昼、カレーを食べておいしかったので、もっとカレーを! ということでカレー鍋を作りました。

レシピは、だし汁400ccに、ゴールデンカレー中辛のルー1.5個、醤油とみりん少々。野菜はありものをどっさりと

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする