早期肺がんの手術法〜肺葉切除と区域切除

5年生存率が高いのはどっち?

先週アップされていた記事です。→「早期肺がんの5年生存率…「肺葉切除」と、取り除く範囲を小さい「区域切除」では、どちらが高い?」(ヨミドクター 11月12日)

どちらの5年生存率が高いかといえば、区域切除。

約1100人の非小細胞肺がん患者(腫瘍が2センチ以下)を対象にした研究によると、肺葉切除の5年生存率は91.1%、区域切除は94.3%という結果が出たそうです。

驚くような差ではありませんが、手術を受ける立場からすれば、少しでも生存率は高いほうがいい。

今後、区域切除を希望する患者さんが増えそうですが、区域切除は肺葉切除に比べて手術が難しいため、区域切除に長けた医師をいかに見つけるかが関門かもしれません。

この研究ですが、4月に紹介していました。→「非小細胞肺がん1期の手術法が変わるかも

元記事には5年生存率の比較はなかったのですが、論文には載っているのでしょうか……。

いずれにしろ、早期肺がんには放射線治療も選択肢の一つであることを、多くの人に知ってもらえたらと思います。

2022年11月17日(木曜)

〇体重 49.5 〇BMI 18.7 〇体脂肪率 27.3

■朝

牛乳、野菜ジュース

■お昼

サンドイッチ(カンパーニュ2枚、キュウリ、トマト)、クラムチャウダー(タマネギ、ニンジン、ジャガイモ、カキ、ブロッコリー、牛乳)、サラダ(フリルレタス、パプリカ、紅絞り豆、クルミ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)、柿

クラムチャウダーにブロッコリーを投入

■お八つ

コーヒー、飴。クラッカー

■夕飯

キノコの炊き込みご飯(シメジ、シイタケ、マイタケ、エノキダケ、油揚げ)、味噌汁(ナス、ワカメ、マイタケ、オクラ)、クリームコロッケとエビフライ(フリルレタス)、ニラの卵焼き、大根の煮物(コンニャク、ちくわ、がんもどき)、柿

※熟れすぎた柿を買ってきてしまった

2022年11月18日(金曜)

〇体重 49.3 〇BMI 18.7 〇体脂肪率 27.1

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ラーメン(生麺100グラム。ネギ、かまぼこ、メンマ)、アヒージョ(エリンギ、オクラ、チリメン。ニンニクオイル)、キムチ納豆(ネギ)、柿

柿は柔らかすぎて包丁でむけないので、スプーンですくっていただきます。ゼリーかプリンのよう

■お八つ

コーヒー、飴。クラッカー

■夕飯

チヂミ(小麦粉50グラム、片栗粉10グラム。ニラ、ニンジン、アサリのむき身50グラム。酢醤油、ラー油、ごま)、味噌汁(カボチャ、ナス、ワカメ、油揚げ、卵)、ゴボウとニンジンのきんぴら(くるみ)、赤カブの甘酢漬け、柿

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする