光免疫療法がついに年内に実用化

昨日アップされた記事です。→「がん「光免疫療法」の薬剤承認へ 年内にも世界初の実用化 厚労省部会了承」(毎日新聞 9月4日)

楽天メディカルジャパンが申請していた光免疫療法の新薬の製造販売が、ついに厚生労働省から了承されました。11月に保険適用される見込みで、薬の価格が決まるそうです。

新薬の商品名は「アキャルックス」。どんな意味なんだろう。がん治療の未来を「明るくする」ということでしょうか。

日本発の第5のがん治療法

光免疫療法は、手術、放射線、抗がん剤、免疫療法に続く第5のがん治療法として期待されてきた。

近赤外線に反応する薬剤を患者に投与し、腫瘍に光を当てると化学反応が起こり、がん細胞だけを死滅させる。患者にとって極めて負担の少ないのが特長です(体にメスを入れることはないし、ほとんど副作用もない)。

楽天の三木谷会長の夢が実現

光免疫療法は、小林久隆医師がアメリカ国立衛生研究所で20年かけて開発。

楽天の三木谷浩史会長が父親のすい臓がんをきっかけに小林医師と出会い、会長は私財を投じてアメリカに楽天メディカルを設立。アメリカでは2015年から、日本では2018年から治験が行われてきました。

2年前、小林医師は、2020年の実用化を目指しており、「光免疫療法が一般的になれば、がんという病気はもう怖くない、がんを早期に発見する必要はなくなる」と話していたが、本当に2020年に実現されることになりました。

※2年前の記事で紹介しています。→「「未来世紀ジパング」〜がん治療最前線

今回実用化されるのは、切除不能か再発した頭頸部がんのみ。すでに肺がんへの治験が行われているのか分かりませんが、早く肺がんにも適用され、標準治療となることを願いたいものです。

2020年9月5日(土曜)

〇体重 51.8 〇BMI 19.6 〇体脂肪率 27.9

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

フジッリ・アラビアータ(乾麺70グラム。ガーリックオイル)、サラダ(レタス、タマネギ、ニンジン、ブロッコリー、紅絞り豆、ちりめん、ラディッシュ、カマンベールチーズ、クルミ、オリーブ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル、バルサミコビネガー)

今日はまた暑さがぶり返してきました。最高気温35.6度。外出がしんどい

■お八つ

コーヒー、飴

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム、味噌汁(ワカメ、シイタケ、小松菜、カボチャ)、ゴーヤーチャンプルー(タマネギ、ニンジン、シメジ、ゴーヤー、豆腐、イカ、卵)、ピリ辛コンニャク、イチジク

そろそろゴーヤーも終わりでしょうか

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする