ニラとホタテのチヂミ

先週「ニラとアサリのチヂミ」を作ったとき、最後にゴマ油を回しがけるのを忘れてしまったので、今日の夜、新たに作ってみました。幾つか「こうしたらもっとおいしくなるんじゃないか」という反省点もあったので、それも試してみた。

<前回からの変更点>

・小麦粉と片栗粉の比率を変えた。

・顆粒だしは使わない(具材だけで十分おいしいと思う)。

・ニンジンは太い千切り器でカット(甘味とうま味が増したような)。

・アサリがなかったのでホタテで代用。

アサリをホタテで代用

<材料(26センチのフライパンに1枚分)>

・小麦粉50グラム、片栗粉10グラム、水70cc

・ニラ1/2把、ニンジン5センチ程度、ホタテ(小粒)6粒

・たれ(酢じょうゆ、ラー油、ごま)

・オリーブオイル、ゴマ油

<作り方>

前回と同じです。今日は焼き上がった後、ちゃんとフライパンの生地の外側からゴマ油をたらしてみた。ゴマ油の香りが立って食欲をそそります。

アサリがなくてホタテで代用したが、どちらも捨てがたい。きっとイカやエビでもおいしいと思うので、また試してみたいと思います。

お昼はニラ雑炊、夜はニラのチヂミ

昨日は朝から腹痛だったため半日ベッドで過ごしたが、何だか猫になった気分だった。

動物は病気になったりけがを負うと、暗いところでじっとして回復を待つというが、昨日の自分がまさにそう。猫が生きていた頃もそうだったなと懐かしかった。

猫は回復を待つ間、食事も取らなかった。

私も痛みが引くまで何も食べない覚悟だったが、だんだんと体が冷えてきて、手足の指先が氷のように。昨日の名古屋の最高気温は18度と高かったのに、体感は5度くらい。温かいものをお腹に入れて体の中から温まろうと、おかゆを作ったのでした。

今日は腹痛は回復したけれど、ちょっと用心してお昼はニラ玉の雑炊に。あれ、夜のチヂミもニラだ。ニラは胃腸によく、体を温める効果があるそうなので、自然と体が求めているのでしょうか。

※以前書いた記事です。→「三成のニラ雑炊

私は子どもの頃から胃腸が強かった(乞○腹を自認)ので、たまさかの腹痛にはかくも弱気になるのでありました。

2021年3月16日(火曜)

〇体重 50.9 〇BMI 19.3 〇体脂肪率 28.7

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ニラと卵の雑炊(ご飯100グラム、ニラ、卵。梅干し)、サラダ(金時豆、ラディッシュ、スナップエンドウ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)、じゃこおろし、ゴボウとニンジンのきんぴら(ごま)、はっさく

毎日、おかゆか雑炊でもいいかも

■お八つ

コーヒー、飴。抹茶、クッキー

■夕飯

ニラとホタテのチヂミ、吸い物(ワカメ、エノキダケ、油揚げ、かまぼこ)、大根の煮物(コンニャク、厚揚げ。ゆで卵、スナップエンドウ)、はっさく

※チヂミはうまく広がらなくて、形がいびつになってしまった

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする