茂出木浩司シェフの肺腺がん

老舗洋食店「たいめいけん」3代目の茂出木浩司シェフが肺腺がんステージ1と診断され、来月末、手術を受けるそうです(有名な方なのでしょうか。私は初めて名前を知りました)。→「「たいめいけん」黒過ぎる3代目・茂出木浩司シェフが肺がん…ステージ1で来月手術」(スポーツ報知 8月18日)

腰をぶつけて腰、首、頭に痛みが出たため、病院でMRI検査を受けたところ、肺に2センチの腫瘍が見つかったそうだ。

手術が1カ月以上先の9月末。すぐにオペしない(できない)のは新型コロナの影響かと思ったら、仕事の都合で延ばしてもらったという。今現在は何の症状もないということなのでしょう。腫瘍が2センチなら、ステージ1Aでしょうか。

中村獅童、河村隆一、東てる美

初期の肺腺がんと診断された著名人で思い浮かぶのは、まず歌舞伎役者の中村獅童。2017年の手術後、舞台に復帰しています。→「中村獅童の肺がん」で紹介しています。

ミュージシャンの河村隆一も2019年の手術後、音楽活動に復活。→「大林宣彦と河村隆一の肺がん

女優の東てる美は、ステージ1B(私と同じ)で、2017年に手術をしたらリンパ節に転移していることが分かり、化学療法を受けることに。→「東てる美、肺腺がん発覚」「東てる美、抗がん剤治療を中止

経過が順調な人もいれば、転移して苦労している人もいる。肺腺がん初期といっても、予後は人によってそれぞれです。

明日、PET検査だそう

先ほど、茂出木浩司シェフのブログを見たら、明日PETを受けるそうだ。がんが転移していないかを調べるためとあるけど、普通、PETで転移の有無、位置を確認した上でステージは確定するのでは?

ステージ1というのは、生検と胸部CTの結果だけで発表したのでしょうか。ちょっと不思議な気がします。

2020年8月18日(火曜)

〇体重 51.0 〇BMI 19.3 〇体脂肪率 28.0

■朝

豆乳、野菜ジュース

■お昼

ちらし寿司(酢飯100グラム。サーモン、キュウリ、山芋、白ごま)、吸い物(ワカメ、シメジ、オクラ、カニかまぼこ)、冷や奴(ネギ、ちりめん)、ゴボウと人参のきんぴら、イチジク

ご飯は淡いピンク色。雑穀の黒米のせいだと思います

■お八つ

コーヒー、飴。クラッカー

■夕飯

雑穀入りご飯100グラム。カレー鍋(タマネギ、人参、シメジ、ニンニクの茎、空心菜、竹輪、油揚げ、イカ)、サラダ(フリルレタス、ブロッコリー、紅絞り豆、パプリカ、ゆで卵、くるみ。岩塩、黒胡椒、オリーブオイル)

真夏のカレー鍋。久々です

ブログ村ブログパーツ

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

コメント

  1. ピキピキ より:

    クロエさま、こんにちは。
    暑い毎日ですが、お元気そうで嬉しいです(╹◡╹)

    茂出木シェフの肺がんですが、症状があったわけでも無く、検診でもなく、怪我の検査でみつかったとか?それも早期だなんて、とてもラッキーな方ですね。

    先日、片付けを頑張ってる母が、ね〜ね〜これみて〜と2013年の市民検診の結果表を見せるのです。どれどれとみてびっくり⁉︎
    肺に陰影あり要精密検査とあるではないですか⁇
    ところがこの年は、自分で発見した乳がんの事で一杯になり、肺の所見はスルーしちゃったようなのです(泣
    母が肺がんの治療を受けたのは結局、2年後の2015年の再びの検診結果を受けてからです。

    でも、この時乳がんと肺がんを二つ同時に告知されていたら、癌に罹るなんて微塵も思っていなかった母は、完全にメンタルやられて治療どころではなかったかもしれません。
    放って置かれた肺がんが、2年経っても早期の状態って、本当にラッキーなのは母かもしれませんね〜(^_^*)いゃ〜驚いた

    • クロエサト より:

      ピキピキさん、こんばんは。ピキピキさんもお元気そうで何よりです。

      茂出木シェフですが、ブログを見ると今日のPETの結果は後日、担当医から聞くそうです。それまでは落ち着かないと思いますが(経験あり)、どこにも転移していないといいですよね。

      お母さま、肺がんを2年間放置したのに、腫瘍は大きくならず、転移もしなかったということですね。
      これは、もしかしたら近藤誠医師のいう「がんもどき」だったのかも……。でも、確かにすごくラッキーでしたね。

      お母さまも私も初期の肺がんを放射線で治療したわけですが、手術ではなく放射線治療を選ぶ著名人が出てきたら、一般の人でも一気に放射線を選択する人が増えると思います。
      なかなかそういうケースが出てこないのはもどかしい限りです。